タグ の適用

この記事では、 Unity Catalogでタグを適用する方法について説明します。

タグは、Unity Catalog のさまざまなセキュリティ保護可能なオブジェクトに適用できるキーとオプションの値を含む属性です。 タグ付けは、メタストア内のさまざまなセキュリティ保護可能なオブジェクトを整理および分類する場合に便利です。 タグを使用すると、データ資産の検索と検出も簡単になります。

サポートされているセキュリティ保護可能なオブジェクト

セキュリティで保護されたオブジェクトのタグ付けは現在、カタログ、スキーマ、テーブル、ボリューム、ビュー、および登録済みモデルでサポートされています。 セキュリティ保護可能なオブジェクトの詳細については、 Unity Catalogのセキュリティ保護可能なオブジェクト」を参照してください。

要件

Unity Catalog のセキュリティ保護可能なオブジェクトにタグを追加するには、オブジェクトに対する APPLY TAG 特権、オブジェクトの親スキーマに対する USE SCHEMA 特権、およびオブジェクトの親カタログに対する USE CATALOG 特権が必要です。

制約

タグ制約の一覧を次に示します。

  • 1 つのセキュリティ保護可能なオブジェクトに最大 20 個のタグを割り当てることができます。

  • タグの最大長は 255 文字です。

  • タグ名に特殊文字は使用できません。

  • タグ名または値による Unity Catalog テーブルの検索は、完全一致でのみサポートされます。

カタログエクスプローラー でのタグの管理

カタログ エクスプローラー UI を使用してセキュリティ保護可能なオブジェクト タグを管理するには、オブジェクトに対する少なくともBROWSE権限が必要です。

  1. カタログ アイコンサイドバーの [カタログ ]をクリックします

  2. セキュリティ保護可能なオブジェクトを選択して、タグ情報を表示します。

  3. [編集アイコン タグの追加/編集 ] をクリックして 、現在のセキュリティ保護可能なオブジェクトのタグを管理します。タグ管理モーダルで複数のタグを同時に追加および削除できます。

情報スキーマテーブル を使用したタグ情報の取得

Unity Catalog で作成された各カタログには、 INFORMATION_SCHEMAが含まれています。このスキーマには、スキーマのカタログに認識されているオブジェクトを記述するテーブルが含まれています。 スキーマ情報を表示するには、適切な権限が必要です。

次のようにクエリーして、タグ情報を取得できます。

詳細については、「 情報スキーマ」を参照してください。

SQL コマンド を使用したタグの管理

この機能は、13.3 以降の Databricks Runtime バージョンでのみ使用できます。

Databricks は、カタログ、スキーマ、テーブル (ビュー、マテリアライズド ビュー、ストリーミング テーブル)、ボリューム、テーブル列を使用した SQL コマンドのタグ付けをサポートしています。 たとえば、 ALTER TABLEコマンドでSET TAGS句とUNSET TAGS句を使用して、テーブルのタグを管理できます。 使用可能なデータ定義言語 (DDL) コマンドとその構文のリストについては、「DDLステートメント」を参照してください。

タグを使用してテーブル を検索およびフィルタリングする

タグを使用してテーブルを検索およびフィルタリングするには:

  1. Databricks ワークスペースの上部バーにある [検索 ] フィールドをクリックするか、キーボード ショートカットの Command-P を使用します。

  2. 検索条件を入力します。 割り当てられたタグ名または値を入力して、 Unity Catalog 内のテーブルを検索します。

[ テーブル 検索] タブのタグ フィルターを使用して、既存のタグ名で検索結果をフィルター処理することもできます。