ウェブターミナル を有効にする

クラスターで Web ターミナルを使用するには、アカウント管理者が Web ターミナル を次のように構成できます。

  1. アカウントコンソールにログインします。

  2. [設定 ] をクリックします 。 設定アイコン

  3. 機能の有効化 」タブをクリックします。

  4. [Web ターミナル] で、 Web ターミナル機能をオンまたはオフにするかどうか、およびこの値をすべてのワークスペースに適用するかどうかを構成できます。

アカウント管理者が Web ターミナル機能を適用しないことを選択した場合、ワークスペース管理者は次のようにワークスペースごとに Web ターミナルを有効または無効にすることを選択できます。

  1. 管理者設定ページに移動します。

  2. コンピュート 」タブをクリックします。

  3. [Web ターミナル] トグルをクリックします。

  • アカウントコンソールまたは管理者設定で設定を変更した後、設定値がtke効果になるまで数分待つ必要がある場合があります。 管理者設定で設定を変更した場合は、ローカルセッションで変更を有効にするためにページも更新する必要があります。

  • アカウント管理者がすべてのワークスペースに Web ターミナル設定を適用している場合、ワークスペース管理設定ページでの変更は無効です。

クラスター ごとに Web ターミナルを管理する

ユーザーが Web ターミナルを使用してクラスターにアクセスできないようにするには:

  • ユーザーに CAN ATTACH TO アクセス許可を付与しないでください。

  • ノートブックへのアクセスを有効にし、Web ターミナルは有効にしない場合は、クラスター構成で DISABLE_WEB_TERMINAL=true 環境変数を設定します。

    クラスター構成

自動終了

Databricks ワークスペースからログアウトするか、ワークスペースで機能が無効になっている場合、アクティブな Web ターミナル セッションは 2 分以内に終了します。

クラスター所有者がクラスター上の別のユーザーの CAN ATTACH TO 権限を削除するか、ユーザーがワークスペースから削除されると、ユーザーのアクティブな Web ターミナル セッションは 2 分以内に終了します。

WAF の構成

Databricks デプロイで Web アプリケーション ファイアウォール (WAF) を使用する場合は、パス /driver-proxy/* を許可リストに追加する必要があります。

要件

Databricks Web ターミナルは、 制限事項に記載されているように、いくつかの例外を除き使用できます。