Web端末

Databricks Web ターミナルは、Spark ドライバー ノード上でシェル コマンドを実行したり、Vim や Emacs などのエディターを使用したりするための、便利で高度にインタラクティブな方法を提供します。 Web端末は1台のコンピュート上で多くのユーザーが利用できます。 Web ターミナルの使用例には、リソース使用量のモニタリングや Linux パッケージのインストールなどがあります。

Web ターミナルは、すべてのワークスペース ユーザーに対してデフォルトによって無効化されます。

警告

Databricks は、コンピュートの Spark ドライバーのポート 7681 から Web ターミナル サービスをプロキシします。 この Web プロキシは、Web ターミナルでのみ使用することを目的としています。 コンピュートの開始時にポートが占有されている場合、またはその他の競合がある場合、Web ターミナルは期待どおりに動作しない可能性があります。 他の Web サービスがポート 7681 で起動されると、コンピュート ユーザーは潜在的なセキュリティエクスプロイトにさらされる可能性があります。 Databricks は、サポートされていないソフトウェアをコンピュートにインストールしたことに起因する問題については責任を負いません。

要件

Webターミナルを起動します

Web ターミナルはコンピュートの詳細ページまたはノートブックから起動できます。

  • コンピュートの詳細ページから Web ターミナルを起動するには、 「アプリ」タブをクリックし、 「Web ターミナル」をクリックします。 新しいタブが開き、Web ターミナル UI と Bash プロンプトが表示されます。

  • ノートブックから Web ターミナルを起動するには、添付のコンピュート ドロップダウンをクリックし、添付のコンピュートの上にマウスを置き、 [Web ターミナル]をクリックします。 Web ターミナルが画面下部のパネルで開きます。

    ノートブックの Web ターミナル パネルでは、パネルの右上にあるボタンを使用して、次の操作を実行できます。

    • 新しいターミナルセッションを新しいタブで 新しいターミナルセッションを開く開きます。

    • ターミナルセッション ターミナルセッションの再ロードをリロードします。

    • 下部パネル 下部パネルを閉じるを閉じます。 パネルを再度開くには、右サイドバーの下部にある をクリックします 底面パネルを再度開く

Web端末を使う

Web ターミナルでは、コンピュート ドライバー ノードのコンテナー内で root としてコマンドを実行できます。

各ユーザーは、最大 100 個のアクティブな Web ターミナル セッション (タブ) を開くことができます。 アイドル状態の Web ターミナル セッションがタイムアウトし、Web ターミナル Web アプリケーションが再接続され、新しいシェル プロセスが発生する可能性があります。 Bash セッションを保持する場合、Databricks では tmux の使用が推奨されています。

制限事項

  • Databricks は、Web ターミナルからの Spark ジョブの実行をサポートしていません。 さらに、Databricks Web ターミナルは次のコンピュート タイプでは使用できません。

    • ジョブコンピューティング

    • コンピュートは、 DISABLE_WEB_TERMINAL=true環境変数を設定して起動されました。

    • アクセス モードをSharedに設定してコンピュートが起動されました。

    • コンピュートは、Spark 構成spark.databricks.pyspark.enableProcessIsolationtrueに設定して起動しました。

  • 最初のページ読み込みから 12 時間というハード制限があり、その後、アクティブな接続であっても、すべての接続が終了します。 Web ターミナルを更新して再接続できます。 Databricks では、 tmux を使用してシェル セッションを保持することをお勧めします。