コンピュートを使用する

この記事では、Databricks ワークスペースでコンピュートに接続する方法について説明します。 データエンジニアリング、データサイエンス、データ分析ワークロードを実行するには、コンピュートへのアクセスが必要です。

コンピュートにアクセスしたりコンピュートを作成したりできるのは誰ですか?

コンピュートにアクセスまたは作成できるかどうかは、ユーザーの資格によって異なります。

  • ワークスペース管理者は、あらゆるタイプのコンピュートを作成できます。 また、ワークスペースで作成されたすべてのコンピュートに対する CAN MANAGE 権限も継承します。

  • 無制限のクラスター作成権限を持つ管理者以外のユーザーは、コンピュートの作成時にすべての構成設定にアクセスできます。 彼らは、権限を与えられたコンピュートにアクセスでき、あらゆるタイプの新しいコンピュートを作成できます。 利用可能な構成設定については、 「コンピュート構成リファレンス」を参照してください。 ワークスペース管理者は、この権利を任意のユーザー、グループ、またはサービスプリンシパルに割り当てることができます。 「 エンタイトルメントの管理」を参照してください。

  • 無制限のクラスター作成権限を持たない管理者以外のユーザーは、アクセス許可が付与されているコンピュート、またはアクセス許可が割り当てられているポリシーを使用して作成したコンピュートにのみアクセスできます。

別のユーザーが設定したコンピュートを使用する

無制限のクラスター作成権限がない場合は、ワークスペース管理者によって付与されたコンピュート ポリシーとコンピュート ポリシーのみにアクセスできます。 ユーザーはコンピュートに対して次のいずれかの権限を持つことができます。

  • Can Attach To : コンピューターをコンピュートにアタッチし、コンピュート メトリックとSpark UIを表示できます。

  • Can Restart : コンピュートを起動、再起動、終了できます。 Can Attach To権限も含まれます。

  • CAN MANAGE : コンピュートの詳細、権限、サイズを編集できます。 Can Attach ToおよびCan Restart権限も含まれます。

  • NO PERMISSIONS : コンピュートに権限がありません。

コンピュートにアタッチする権限がある場合は、開いているノートブックの[接続] ドロップダウン メニューから、または新しいジョブの作成時に[コンピュート]ドロップダウン メニューからコンピュートを選択できます。 コンピュート権限の詳細については、 「コンピュート権限」を参照してください。

ポリシーを使用して新しいコンピュートを作成する

コンピュート ポリシーに対する権限がある場合は、独自のコンピュートを作成できます。 ポリシーには最小限の構成オプションがあり、デフォルト設定を使用して効率的なリソースとなるように設計されています。 設定を編集する場合は、 構成設定のリファレンスで各設定について確認できます。

  1. ワークスペースのサイドバーで「新規」 > 「クラスター」をクリックします。

  2. [ポリシー]ドロップダウン メニューからポリシーを選択します。

  3. (オプション) コンピュートの名前を更新します。

  4. (オプション)使用可能な設定を構成します。

  5. [コンピュートを作成]をクリックします。

これで、ワークロードの実行に使用できるコンピュート リソースが完成しました。

ポリシー

ワークスペース管理者は、ワークスペース内でコンピュート ポリシーを作成および管理できます。 必要なコンピュートの作成を許可するポリシーにアクセスできない場合は、ワークスペース管理者に問い合わせてください。 ポリシーの詳細については、 「コンピュート ポリシーの作成と管理」を参照してください。

ワークスペースにはカスタム ポリシーが存在するか、Databricks のポリシーが使用されている可能性があります。 デフォルトのポリシーには次のものが含まれます。

  • パーソナル コンピュート:ユーザーは、最小限の構成オプションを使用して、個別に割り当てられた単一ノード コンピュート リソースを作成できます。

  • 共有コンピュート:複数のユーザーが共有することを目的とした、より大きなマルチノード リソースをユーザーが作成できるようにします。

  • パワー ユーザー コンピュート:ユーザーがより大きなマルチノード リソースを作成できるようにします。 このポリシーは、Personal コンピュートで許可されるよりも多くのコンピュート リソースを必要とするシングル ユーザー ワークロードを対象としています。

  • ジョブ コンピュート:ユーザーがジョブの汎用のデフォルト コンピュートを作成できるようにします。

デフォルトでは、すべてのユーザーが個人コンピュート ポリシーにアクセスできます。 Personal コンピュート ポリシーが表示されない場合は、組織によってワークスペースから削除されています。

無制限のコンピュート作成

ワークスペース管理者、または無制限のクラスター作成権限を持つユーザーの場合は、無制限ポリシーを使用してコンピュートを作成できます。 これにより、新しいコンピュートUI のすべてのコンピュート設定にアクセスできるようになります。 利用可能なすべての設定のリファレンスについては、 「コンピュート構成リファレンス」を参照してください。