Databricks Community Edition に登録

この記事では、 Databricks Community Edition にサインアップする方法について説明します。 Databricks フリートライアルとは異なり、Community Edition では、独自のクラウド アカウントを用意したり、クラウド コンピュートやストレージ リソースを提供したりする必要はありません。

ただし、Databricks Platform Free Trial で利用できるいくつかの機能(REST APIなど)は、Databricks Community Edition では利用できません。詳細については、「Databricks Community Edition の FAQ」を参照してください。

Databricks コミュニティ エディションにサインアップするには:

  1. こちらの「Databricks を試す」またはこのページ上部の「Databricks を試す」をクリックします。

  2. 名前、会社、E メールアドレス、役職を入力して、[続行] をクリックします。

  3. [クラウドプロバイダーの選択] ダイアログで、[Community Edition の使用を開始する] リンクをクリックします。 指定したアドレスに E メールが送信されたことを通知するページが表示されます。

    Databricks を試す
  4. ウェルカムメールを探し、リンクをクリックしてメールアドレスを確認してください。Databricks パスワードを作成するように求められます。

  5. [送信] クリックすると、Databricks Community Edition のホームページが表示されます。

    Community Edition のランディングページ
  6. クイックスタート「チュートリアル:ノートブックでデータをクエリーする」を実行し、Databricks をお試しください。

Databricksアカウントに再度ログインします

Databricks コミュニティ エディション アカウントに再度ログインするには、 コミュニティ.クラウド.databricks.com にアクセスしてください。