サブスクリプションを管理する

この記事では、請求、サブスクリプションレベルを管理する方法、およびサブスクリプションをキャンセルしてアカウントを削除する方法について説明します。Databricksアカウント管理者のみがDatabricksサブスクリプションを管理できます。

サブスクリプションプランを確認または変更する

このトピックでは、フリートライアルサブスクリプションとして開始された従量課金契約があることを前提としています。 Databricks と契約を結んでいる場合は、請求の更新と質問について、Databricks アカウント チームにお問い合わせください。

さまざまな Databricks 価格プランを比較できます。 プランをアップグレードまたはダウングレードできます。

Databricks は、Databricks ユニット (DBU) での Databricks の使用に対して課金されます。 ワークロードが消費する DBU の数は、Databricks コンピュートの種類 (汎用またはジョブ) や Google クラウド マシンの種類など、さまざまな要因によって異なります。 詳細については、 価格ページを参照してください。

Google クラウド アカウントでは、追加費用が発生します。

  • Google クラウドは、Databricks がアカウント内の Databricks インフラストラクチャ用に作成する GKE クラスターに対して、ワークスペースごとの追加費用を請求します。 2021 年 3 月 30 日現在、この GKE クラスターの費用は約 $200/月で、GKE クラスターが実行した月の日数に比例配分されます。 価格は変更される可能性があるため、 最新の価格を確認してください。

  • GKE クラスターのコストは、Databricks クラスターがアイドル状態の場合でも適用されます。 このアイドル時間コストを削減するために、Databricks Runtime クラスターが 5 日間アクティブになっていない場合、Databricks はアカウント内の GKE クラスターを削除します。 VPC バケットや GCS バケットなどの他のリソースは変更されません。 次回 Databricks Runtime クラスターが起動すると、Databricks によって GKE クラスターが再作成され、Databricks Runtime クラスターの初期起動時間が長くなります。 GKE クラスタの削除によって毎月のコストがどのように削減されるかの例として、毎月 1 日に Databricks Runtime クラスターを使用し、残りの月は使用しなかったとします: GKE の使用量はアイドル タイムアウトが有効になるまでの 5 日間であり、それ以上は使用せず、その月の費用は約 33 ドルになります。

Databricks では、実行中の GKE クラスターに対する構成の変更はサポートされていません。 作成後に GKE クラスター構成をカスタマイズし、そのクラスターがアイドル タイムアウトのために削除された場合、再作成されたクラスターにはカスタマイズは含まれません。

既存のワークスペースのアップグレードとダウングレードには重要な違いがあります。 アカウントプランをアップグレードすると、現在と将来のワークスペースの両方のプランがアップグレードされます。 アカウントプランをダウングレードすると、将来のワークスペースに影響しますが、現在のワークスペースのプランはダウングレード されません 。 アカウントをアップグレードする前に質問がある場合は、Databricks アカウント チームにお問い合わせください。

重要

アカウントプランをアップグレードすると、既存のワークスペースのプランが恒久的にアップグレードされる場合があります。

  1. Databricks アカウント所有者またはアカウント レベルの管理者として、 アカウント コンソールにログインします。

  2. サイドバーで [設定] をクリックします。

  3. [ プランの変更] をクリックします。 プランの下には、[ 選択済み] というラベルの付いた緑色のボックスがあります。

  4. 必要に応じて、プランを変更します。

    • プランをアップグレードするには、[ Premium にアップグレード] をクリックします。

    • プランをダウングレードするには、 sales@databricks.comの Databricks アカウント チームにお問い合わせください。 「 ダウングレードするお問い合わせ 」をクリックして、このアドレスへのメール送信を開始します。

アクセス制御の設定は、Standard プランから Premium プランにアップグレードされたワークスペースでは、デフォルトによって無効になります。 アクセス制御設定は、いったん有効にすると無効にすることはできません。 詳細については、「 アップグレードされたワークスペースでアクセス制御リストを有効にすることができます」を参照してください。

注文番号を使用して請求先アカウントを確認する

Databricks アカウントは、Google 課金アカウントに関連付けられています。 Databricks サブスクリプションに使用された Google 請求先アカウントを確認できます。 これは、組織に複数の Databricks サブスクリプションまたは Google 課金アカウントがある場合に特に重要になることがあります。 請求先アカウントを確認するには、サブスクリプションの Google 注文番号を取得するのが最適です。 各注文番号は、特定の Databricks サブスクリプションを 1 つの特定の Google 請求先アカウントに関連付けます。 次のステップを使用して、注文番号を取得し、関連付けられている請求先アカウントを確認します。

  1. Databricks アカウント コンソールから Google 注文番号を取得します。

    1. アカウント コンソールの設定を管理する

    2. 左側のナビゲーションで、[ 設定] をクリックします。

    3. [ サブスクリプションと請求 ] タブの [請求] 見出しの下に、Databricks サブスクリプションに関連付けられている Google 注文番号が表示されます。 後で使用するために、その注文番号をコピーして保存します。

  2. Google クラウド Marketplace の Databricks リストに移動します。まだサインインしていない場合は、[ サインイン して認証] をクリックします。

  3. 上部のナビゲーションで、プロジェクト ピッカーをクリックし、Databricks で使用する Google 課金アカウントに関連付けられている Google クラウド プロジェクトを選択します。 これは、ワークスペースのデプロイに使用するプロジェクトと同じである必要はありません。

Marketplace 登録情報プロジェクト ピッカー
  1. Marketplace検索ボックスを使用して、「Databricks」を検索します。[ Databricks] をクリックします。

  2. [ 価格 ] セクションまで下にスクロールします。

  3. [ 注文管理] をクリックします。 サブスクリプションに使用された課金アカウントの注文の一覧が表示されます。

  4. [ 課金アカウントの選択 ] ピッカーに表示される課金アカウントが、想定どおりの課金アカウントであることを確認します。

  5. その請求先アカウントに関連付けられている注文を確認します。 このリストには、アクティブな注文と非アクティブな注文の両方が表示されます。 アクティブな Databricks サブスクリプションに関連付けられている注文には、 [ 状態 ] 列に緑色のチェックマークが付きます。 非アクティブな Databricks サブスクリプションに関連付けられている注文には、 [ 状態 ] 列に灰色の水平線が表示されます。

  6. すべての注文を確認し、情報が正しいことを確認します。

  7. Databricks サブスクリプションに関連付けられていると思われるアクティブな注文を見つけます。 一般的な組織には 1 つのアクティブな注文がありますが、場合によっては、大規模な組織には複数の注文があります。

  8. 2 番目の列には注文番号が含まれます。 切り捨てられているため、完全な値を確認することはできません。 完全な注文番号をクリップボードにコピーするには、 注文番号のコピー ボタンをクリックします。

  9. その値を、Databricks アカウント コンソールから取得した注文 ID を保存したのと同じ場所に貼り付けて保存します。

  10. 2 つの注文 ID が一致していることを確認します。

    • これらが一致する場合は、サブスクリプションに関連付けられている Google 請求先アカウントと Google 注文番号を正常に確認できました。 請求先アカウント名と注文番号を保存して、Databricks アカウント チームとの今後のコミュニケーションに役立てます。

    • 一致しない場合は、Databricks アカウント チームにお問い合わせください。

Databricksサブスクリプションのキャンセル

このトピックでは、従量課金契約があることを前提としています。 Databricks と契約を結んでいる場合は、Databricks アカウント チームに連絡して、Databricks サブスクリプションをキャンセルしてください。

サブスクリプションをキャンセルした後:

  • Databricksアカウントのワークスペース、ノートブック、データにアクセスできなくなりました。

  • Databricksのサービス利用規約に従って、サブスクリプションに関連付けられたワークスペース内に含まれる顧客コンテンツはキャンセル後30日以内に削除されます。

  • 同じメールアドレスで新規契約することはできません。 サインアップフォームに新しいEメールアドレスを入力する必要があります。

警告

サブスクリプションを取り消すと、Databricks アカウント内のすべてのワークスペースが削除されます。 ワークスペースの削除は元に戻せません。

サブスクリプションをキャンセルするには:

  1. Google クラウド Marketplace の Databricks リストに移動します。まだサインインしていない場合は、[ サインイン して認証] をクリックします。

  2. 上部のナビゲーションで、プロジェクト ピッカーをクリックし、Databricks で使用する Google 課金アカウントに関連付けられている Google クラウド プロジェクトを選択します。 これは、ワークスペースのデプロイに使用するプロジェクトと同じである必要はありません。

Marketplace 登録情報プロジェクト ピッカー
  1. Marketplace検索ボックスを使用して、「Databricks」を検索します。[ Databricks] をクリックします。

  2. [ 価格 ] セクションまで下にスクロールします。

  3. [ 注文管理] をクリックします。

  4. 表示される注文ページで、[ 請求先アカウントの選択 ] ピッカーに表示される請求先アカウントを確認し、その Google 請求先アカウントに関連付けられている注文を確認します。

    このリストには、アクティブな注文と非アクティブな注文の両方が表示されます。 アクティブな Databricks サブスクリプションに関連付けられている注文には、 [ 状態 ] 列に緑色のチェックマークが付きます。 非アクティブな Databricks サブスクリプションに関連付けられている注文には、 [ 状態 ] 列に灰色の水平線が表示されます。

  5. すべての注文を確認し、情報が正しいことを確認します。

  6. Databricks サブスクリプションに関連付けられていると思われるアクティブな注文を見つけます。 一般的な組織には 1 つのアクティブな注文がありますが、場合によっては、大規模な組織には複数の注文があります。

  7. 希望の注文については、注文番号の 2 番目の列を参照してください。 切り捨てられているため、完全な値を確認することはできません。 完全な注文番号をコピーするには、 注文番号のコピー ボタンをクリックします。

  8. その値を、Databricks アカウント コンソールから注文 ID を保存したのと同じ場所に貼り付けて保存します。

  9. 2 つの注文 ID が一致していることを確認します。

    • これらが一致する場合は、サブスクリプションに関連付けられている Google 請求先アカウントと Google 注文番号を正常に確認できました。 請求先アカウント名と注文番号を保存して、Databricks アカウント チームとの今後のコミュニケーションに役立てます。

    • 一致しない場合は、Databricks アカウント チームにお問い合わせください。

  10. 各注文の行の右端にあるボタンをクリックして、 3 つのドット アイコン 追加の操作を行います。

  11. 選択ツールで [ 購入をキャンセル] をクリックします。

  12. オプションのクリーンアップ手順:

    1. ワークスペースごとに、 ワークスペースの削除後に必要になる可能性があるクリーンアップ ステップを確認します。

    2. Google Console API ダッシュボード を使用して、アカウントに関連付けられている Google クラウド プロジェクトで有効になっている Google APIs を確認します。 ワークスペースの作成時に、Databricks では、 必要な Google APIs がまだ有効になっていない場合は有効になりますが、ワークスペースの削除時に自動的に無効になることはありません。

Databricksアカウントを削除する

アカウントを削除すると、アカウント所有者と、組織のアカウントの管理に関連付けられているすべての履歴が削除されます。

  1. Databricks アカウントを削除する前に、 Databricks サブスクリプションを取り消す必要があります。

  2. アカウントの削除を完了するには、 サポートにお問い合わせください