アカウントコンソール を使用した請求可能な使用状況の表示

注:

一部の製品の使用状況は、この機能では表示されません。 Databricks では、完全な使用ログを表示するにはシステムテーブルを使用することをお勧めします。

この記事では、 アカウント コンソール の [使用状況] ページを使用して、アカウント内のワークスペース全体の使用状況データを表示する方法について説明します。 また、アカウントAPIを使用して課金利用ログをダウンロードすることもできます。

アカウントコンソールで使用状況は、次のいずれかの単位で表示できます。

  • Databricks 単位 (DBU): 秒単位の使用に対して課金される、時間あたりの処理能力の単位。

  • 推定コスト ($USD通貨): ドルでのコストは、使用量の種類ごとに、レベルの標準の DBU あたりのコスト価格に基づいて、DBU あたりの線形コスト見積もりに基づいて見積もられます。 実際の費用は、正確な契約によって異なります。 各 SKU の DBU あたりのコストを調整し、 設定 パネルを使用してコストの見積もりを変更します。

[使用状況] ページ にアクセスする

アカウントコンソールに移動し、「使用状況」アイコンをクリックします。

使用状況グラフ

ページの上部にあるグラフには、アカウントの使用状況 (DBU 単位) または推定コスト ($USD単位) が表示されます。 $USD/DBU ピッカーを使用して、これらのビューを切り替えます。

集計ピッカーを使用して、次の方法でデータを参照することもできます。

  • 合計使用量: すべてのワークスペースと SKU にわたるアカウントの合計使用量の 1 行。 これはデフォルトの選択です。

  • ワークスペース: 各ワークスペースの使用状況を示す行。

  • SKU: 各 SKU の使用状況の行。 アカウントに表示されるSKUのセットは、契約によって異なります。 SKU は、 Databricksの使用方法によっても異なります。 価格を参照してください。

  • タグ: 選択した タグを含む各リソースの行。

ワークスペース、SKU、またはタグ値が 10 個を超える場合、使用量が最も多い 9 つがグラフに表示されます。 残りのワークスペース、SKU、またはタグ値の使用状況が集計され、1 行に表示されます。 この 1 行は、「残りの結合...(s)".

タグでデータを参照すると、選択したタグのない使用状況が集計され、「(...タグがありません)

ワークスペース、タグ、または SKU によるフィルター

グラフの凡例またはラインピッカーを使用して、グラフのラインを除外できます。

  • 線を表示/非表示にするには、グラフの凡例にあるラジオボタンをクリックするか、ラインピッカーのチェックボックスをクリックします。

  • 1 本の線のみを表示するには、グラフの凡例にあるラジオボタン、またはラインピッカーのチェックボックスをダブルクリックします。 その後、もう一度ダブルクリックすると、ビューが復元され、すべての行が表示されます。

実際の費用は契約によって異なります。 設定 パネルで各SKUのDBUあたりのコストを調整して、コスト見積もりを変更できます。

使用状況の詳細

[使用状況の詳細] パネルでは、DBU の詳細な使用状況のリストまたは$USDの推定コストを表形式で表示できます。このパネルのデータは常にワークスペースごとに集計されます。 コストも SKU グループに分類されます。 使用状況を合計 (集計) または SKU 別に表示するには、代わりに 設定 パネルのグラフを使用します。

推定コストと DBU を切り替えるには、 $USD/DBU ピッカーを使用します。

日付範囲ピッカーを使用して正確な時間範囲を指定するか、[ 過去 6 か月] などの事前定義されたオプションから選択します。 時間範囲は UTC 時間です。

ワークスペースが多数ある場合は、検索フィールドにワークスペース名を入力して結果をフィルター処理します。

実際の費用は契約によって異なります。 設定 パネルで各SKUのDBUあたりのコストを調整して、コスト見積もりを変更できます。

価格

DBU ごとの実際の価格を設定するには、「使用状況」ページの右上隅にある垂直省略記号をクリックして設定パネルを開きます。 このパネルを使用して、使用量と、「使用量」ページの使用量の詳細テーブルの両方について、DBU ごとの推定価格を調整します。

各 SKU は個別に一覧表示されます。 アカウントに表示されるSKUのセットは、契約によって異なります。 SKU への使用状況の適用方法は、Databricks で何をするかによって異なります。 たとえば、ノートブックが自動クラスターを使用して実行されるか、スケジュールされたジョブとして実行されるかによって異なります。

使用状況のダウンロード

利用可能な使用状況のダウンロードには2つのタイプがあります。 現在のグラフに表示されている集計された使用状況データをダウンロードしたり、日付範囲別の全体的な使用状況の詳細をダウンロードしたりできます。

集計された使用状況データの ダウンロード

集計された使用状況データをダウンロードするには、グラフの右上隅にあるダウンロード ボタンをクリックします。 これにより、ページに現在集計されているデータがダウンロードされます。 CSV ファイルには、使用率が最も高い 999 個のワークスペース、SKU、またはタグ値が含まれます。

選択されていないワークスペース、SKU、およびタグの使用状況データは、「残りの結合...(s)」および「(...タグがありません)

集計されていない使用状況データの ダウンロード

設定パネルでは、すべての使用状況データを日付別にダウンロードできます。 [使用状況]ページの右上隅にあるケバブメニュー をクリックして、パネルを開きます。 パネルの一番下までスクロールします。

  1. 月の範囲ピッカーから時間範囲を選択します。

  2. ユーザー名を含めるには、[ ユーザー名を含める (Eメール)] を有効にします。

  3. [ ダウンロード] をクリックします。

使用状況ログ を分析する

Databricks を使用してこれらのファイルを分析する方法については、 「課金利用ログ スキーマ (レガシー)」を参照してください。