Unity Catalogでの特徴量エンジニアリングとワークスペースのFeature Storeのサンプルノートブック

このページには、 Unity Catalog とワークスペースの両方の Feature Store シナリオでの特徴エンジニアリングについて、Databricks の特徴エンジニアリング ワークフローを示すノートブックの例が含まれています。

注:

Databricks Runtime 13.2 以降では、主キーを持つ Unity Catalog 内の Delta テーブルは、モデルのトレーニングと推論に使用できる特徴量テーブルに自動的になります。Unity Catalog に登録されているテーブルを特徴量テーブルとして使用すると、すべてのUnity Catalog特徴量テーブルが特徴量テーブルで自動的に使用可能になります。

基本的な特徴エンジニアリングの例

基本的な特徴量エンジニアリングのサンプル ノートブックでは、特徴量テーブルを作成し、それを使用してモデルをトレーニングし、自動特徴量検索を使用してバッチ スコアリングを実行する方法について説明します。 また、特徴量エンジニアリング UI を紹介し、それを使用して機能を検索し、機能の作成方法と使用方法を理解する方法も示します。

Unity Catalogでの特徴量エンジニアリングの基本となるサンプルノートブック

ノートブックを新しいタブで開く

ワークスペースで Unity Catalogが有効になっていない場合は、次のノートブックを使用します。

Basic ワークスペース Feature Store のサンプル ノートブック

ノートブックを新しいタブで開く

ポイントインタイムルックアップ を使用したタクシーの例

タクシーのサンプル ノートブックは、特徴量を作成して更新し、モデルのトレーニングとバッチ推論に使用するプロセスを示しています。

Unity Catalogでの特徴量エンジニアリングのタクシーサンプル ノートブック

ノートブックを新しいタブで開く

ワークスペースで Unity Catalogが有効になっていない場合は、次のノートブックを使用します。

ワークスペース Feature Store taxi example notebook

ノートブックを新しいタブで開く

Feature Servingエンドポイントの作成

次のノートブックは、Databricks SDK を使用して、Databricks Online Tables を使用して特徴量サービングエンドポイントを作成する方法を示しています。

機能オンラインテーブルを備えた特徴量サービングサンプルノートブック

ノートブックを新しいタブで開く

次のノートブックは、Databricks SDK を使用して、サードパーティのオンライン ストアを使用して特徴量サービングエンドポイントを作成する方法を示しています。