外部プラットフォームを使用して Databricks Marketplace でデータ製品を要求してアクセスする

この記事では、Unity Catalog 対応の Databricks ワークスペースを使用せずに、Databricks Marketplace のデータ製品にアクセスする方法について説明します。 Delta Sharing オープン共有コネクタを使用すると、Microsoft Power BI、Microsoft Excel、 Pandas、Apache Spark、Unity Catalog 以外の Databricks ワークスペースなど、さまざまな一般的なプラットフォームを使用して Marketplace データにアクセスできます。 外部プラットフォームでは、表形式のデータ セットのみを使用できます (Databricks ノートブック、ボリューム、モデルなどは使用できません)。

重要

Unity Catalog が有効になっている Databricks ワークスペースがある場合は、Unity Catalog を使用して共有データにアクセスする必要があります。 「 Databricks Marketplace (Unity Catalog 対応ワークスペース) でのデータ製品の要求とアクセス」を参照してください。

始める前に

Databricks Marketplace でデータ製品の一覧を参照するには、次のいずれかを使用できます。

プラットフォームに関係なく、データ製品へのアクセスを要求するには、Databricks ワークスペースが必要です。

まだお持ちでない場合は、無料トライアルを利用してください。オープンマーケットプレイスで[無料トライアル]をクリックすると、プロンプトに従ってトライアルを開始できます。

外部プラットフォームでアクセスできる Databricks Marketplace の一覧を参照する

必要なデータ製品を見つけるには、Databricks Marketplace でデータ製品の一覧を参照または検索するだけです。 データセット (表形式データ) 製品の種類のみが、外部プラットフォームまたは Unity-Catalog 以外の Databricks ワークスペースを使用して共有できます。

  1. marketplace.databricks.com に移動するか 、 Databricks ワークスペースにログインして、Marketplaceアイコン [Marketplace ] をクリックします 。

    注:

    または、Databricks ワークスペースの上部にあるグローバル検索バーを使用して、Marketplace の一覧を検索することもできます。 「ワークスペース オブジェクトの検索」を参照してください。

  2. 目的のデータ製品を確認または検索します。

    プロバイダー名、製品タイプ、カテゴリ、コスト(無料または有料)、またはキーワード検索でリストをフィルタリングできます。 外部プラットフォームを使用してアクセスできるのは、 データセット 製品タイプのみです。

    Databricks ワークスペースにログインしている場合は、プライベート交換の一部として使用できるプライベート リストのみを表示するように選択することもできます。 「プライベートな交流に参加する」を参照してください。

外部プラットフォームでアクセス可能なデータ製品へのアクセス

データ製品へのアクセスを要求するには、外部プラットフォームで共有データ製品を使用する場合でも、Databricks ワークスペースにログインする必要があります。 データ製品には、すぐに使用できるものもあれば、プロバイダー インターフェイスを使用してプロバイダーの承認とトランザクションの完了が必要なものもあります。

すぐに利用できるデータ製品にアクセスする

すぐに利用できるデータ製品では、要求して条件に同意するだけで済みます。 これらのデータ製品は、Marketplace ランディングページの [無料で すぐに利用可能] 見出しの下に一覧表示され、登録情報タイルでは [ 無料] として識別され、登録情報の詳細ページで は [すぐに利用可能 ] として識別されます。

  1. Marketplaceのランディングページで興味のあるリスティングを見つけたら、それをクリックして詳細ページを開きます。

  2. [ Get instant access ] ボタンをクリックします。

  3. [ その他のオプション ] で、[ 外部プラットフォーム] を選択します。

  4. Databricks の使用条件に同意します。

  5. [ Get instant access] をクリックします。

  6. [ 資格情報ファイルのダウンロード ] ボタンをクリックして資格情報ファイルを取得すると、この資格情報ファイルを使用して、サードパーティのデータ プラットフォームと Unity Catalog 以外の Databricks ワークスペースを使用して共有データにアクセスできます。

    重要

    資格情報ファイルは一度だけダウンロードできます。 ダウンロードボタンは、ファイルのダウンロード後もアクティブなままですが、その後のダウンロードは新しい認証情報にローテーションされます。 古い資格情報は、1 日または元の有効期限のいずれか早い方の後に期限切れになります。 同時にアクティブにできる資格情報は 2 つだけです。

  7. 資格情報ファイルを安全な場所に保存します。

    共有データにアクセスする必要があるユーザー グループ外のユーザーとは、資格情報ファイルを共有しないでください。 組織内の誰かと共有する必要がある場合は、Databricks ではパスワード マネージャーの使用をお勧めします。

選択したプラットフォームを使用して共有データにアクセスする方法については、「 Delta Sharing オープン共有コネクタを使用して共有データにアクセスする」を参照してください。

プロバイダーの承認が必要なデータ製品をリクエストする

一部のデータ製品にはプロバイダーの承認が必要です。一般的には、商取引を伴う場合、またはユーザーに合わせてデータ製品をカスタマイズすることをプロバイダーが好む場合に、承認が必要になります。こうしたリスティングは、リスティング詳細ページに[リクエストによる]と記載されており、[アクセス権をリクエスト]ボタンがあります。

  1. Marketplaceのランディングページで興味のあるリスティングを見つけたら、それをクリックして詳細ページを開きます。

  2. アクセス権をリクエスト]ボタンをクリックします。

  3. 氏名、会社名、データ製品の使用目的の簡単な説明文を入力します。

  4. [ その他のオプション ] をクリックし、[ 外部プラットフォーム] を選択します。

  5. Databricksの利用規約に同意し、[アクセス権をリクエスト]をクリックします。

  6. プロバイダーがリクエストの審査を完了すると、電子メールで通知されます。

    Marketplaceの[マイリクエスト]ページでもリクエストの進捗状況を確認できます。詳細については、「自分と共有されているDatabricks Marketplaceのデータ製品を管理する」を参照してください。ただし、その後の取引にはプロバイダーの連絡手段および決済プラットフォームが使用されます。Databricks Marketplaceが商取引を直接扱うことはありません。

  7. トランザクションが完了すると、データプロバイダーから通知メールが届き、リストに [資格情報ファイルのダウンロード ]ボタンが表示されます。 このボタンをクリックすると、資格情報ファイルがダウンロードされ、このファイルを使用して、サードパーティのデータ プラットフォームと Unity Catalog 以外の Databricks ワークスペースを使用して共有データにアクセスできます。

    また、Marketplace の [ マイ リクエスト] にも出品情報が表示されます。 資格情報をダウンロードする準備が整うと、データ製品が [インストール済みのデータ製品 ] タブに表示されます。

    重要

    資格情報ファイルは一度だけダウンロードできます。 ダウンロードボタンは、ファイルのダウンロード後もアクティブなままですが、その後のダウンロードは新しい認証情報にローテーションされます。 古い資格情報は、1 日または元の有効期限のいずれか早い方の後に期限切れになります。 同時にアクティブにできる資格情報は 2 つだけです。

  8. 資格情報ファイルを安全な場所に保存します。

    共有データにアクセスする必要があるユーザー グループ外のユーザーとは、資格情報ファイルを共有しないでください。 組織内の誰かと共有する必要がある場合は、Databricks ではパスワード マネージャーの使用をお勧めします。

選択したプラットフォームを使用して共有データにアクセスする方法については、「 Delta Sharing オープン共有コネクタを使用して共有データにアクセスする」を参照してください。

Delta Sharing オープン共有コネクタを使用して共有データにアクセスする

外部プラットフォームまたは Unity-Catalog 以外の Databricks ワークスペースを使用して、Databricks Marketplace を使用して共有されているデータセットにアクセスするには、Marketplace の一覧からダウンロードされた資格情報ファイルが必要です。 この資格情報ファイルを使用して、Delta Sharing オープン共有コネクタを使用して共有データにアクセスします。

Unity-Catalog 以外の Databricks ワークスペース、Apache Spark、pandas、Power BI を使用して共有データにアクセスして読み取る方法の詳細については、「 Delta Sharing オープン共有を使用して共有されたデータを読み取る (受信者向け)」を参照してください。

Delta Sharing コネクタの完全な一覧と使用方法については、 Delta Sharing オープンソースのドキュメントを参照してください。

Marketplace を使用した外部プラットフォームへの共有に関する制限事項

一部のテーブルでは、コンシューマ側からのパーティション情報 (国など) が必要です。 オープン共有プロトコルでは、この情報は共有で使用できないため、テーブルにアクセスできません。 次のエラーが返されます: "受信者の認証エラー: データは、セッションの現在の受信者に適用されない受信者プロパティによって制限されています。 問題を解決するには、データ プロバイダーに問い合わせてください。