Stardog に接続する

Stardog Enterprise 知識グラフ プラットフォームは、データサイロ全体の複雑なクエリーに対応するように設計された柔軟なセマンティックデータレイヤーの基盤を提供します。

Databricks SQLウェアハウス (以前の Databricks SQLエンドポイント) と Databricks クラスターを Stardog と統合できます。

Partner Connect を使用してStardogに接続する

Partner Connect は SQLウェアハウスと Stardog の統合のみをサポートしています。 クラスターを Stardog と統合するには、手動で Stardog に接続します。

Partner Connectを使用してStardogに接続するには、次の手順を実行します。

  1. Partner Connectを使用してセマンティックレイヤーパートナーに接続します

  2. Stardogアカウントで、プロンプトに従ってStardogプロファイルを更新します。 チェックボックスをオンにしてStardogの利用規約とプライバシーポリシーに同意し、[ 更新]をクリックします。

  3. Stardogクラウドインスタンスの取得」をクリックします。

  4. [ 無料で開始]をクリックし、チェックボックスをオンにしてStardogのサービス利用規約に同意し、[ チェックアウト]をクリックします。

  5. [アクション] で、3 つのドットのメニューをクリックし、[データソースの作成] をクリックします。

    Databricks ・データ・ソースの管理 」ダイアログが開きます。

  6. 必要に応じて、データソース名を編集し、「 データソースの作成」をクリックします。

    Stardog アカウントのサンプルデータを含むスターターキットの使用方法に関するビデオを見つけるか、Databricks 接続をクリックして Stardog アプリケーション にアクセスし、データのモデリングを開始できます。

Stardogに手動で 接続する

このセクションでは、Stardog に手動で接続する方法について説明します。

Partner Connect を使用すると、SQLウェアハウスの接続エクスペリエンスを簡略化できます。

要件

Stardog に手動で接続する前に、次のものが必要です。

  • Databricks ワークスペース内のクラスターまたは SQLウェアハウス。

  • クラスターまたは SQLウェアハウスの接続の詳細 (具体的には、 サーバーのホスト名ポートおよび HTTP パス の値)。

  • Databricksの個人的なアクセス権。 個人的なアクセスウイルスを作成するには、次の手順を実行します。

    1. Databricksワークスペースで、上部バーにあるDatabricksユーザー名をクリックし、ドロップダウンから [ユーザー設定] を選択します。

    2. [ 開発者] をクリックします。

    3. [アクセストークン] の横にある [管理] をクリックします。

    4. [ 新しいトークンの生成] をクリックします。

    5. (任意)今後このトークンを識別するのに役立つコメントを入力し、トークンのデフォルトの有効期間である90日を変更します。有効期間のないトークンを作成するには(非推奨)、[有効期間 (日) ] ボックスを空白のままにしてください。

    6. [生成] をクリックします。

    7. 表示されたトークンを安全な場所にコピーし、[完了] をクリックします。

    コピーしたトークンは、必ず安全な場所に保存してください。 コピーしたトークンを他のユーザーと共有しないでください。 コピーしたトークンを紛失した場合、まったく同じトークンを再生成することはできません。 代わりに、この手順を繰り返して新しいトークンを作成する必要があります。 コピーしたトークンを紛失した場合、またはトークンが侵害されたと思われる場合は、アクセストークン ページでトークンの横にあるごみ箱 (取り消し) アイコンをクリックして、ワークスペースからそのトークンをすぐに削除することを強くお勧めします。

    ワークスペースでトークンを作成または使用できない場合は、ワークスペース管理者がトークンを無効にしたか、トークンを作成または使用する権限を与えていないことが原因である可能性があります。ワークスペース管理者に問い合わせるか、以下をご覧ください。

    セキュリティのベストプラクティスとして、自動化されたツール、システム、スクリプト、およびアプリで認証する場合、 Databricks では、ワークスペースユーザーではなく、 サービスプリンシパル に属する個人用アクセストークンを使用することをお勧めします。 サービスプリンシパルのトークンを作成するには、「 サービスプリンシパルのトークンを管理する」を参照してください。

接続 するステップ

Stardog に手動で接続するには、次の手順を実行します。

  1. Stardogアカウントを作成します

  2. Stardogアカウントで、プロンプトに従ってStardogプロファイルを更新します。 チェックボックスをオンにしてStardogの利用規約とプライバシーポリシーに同意し、[ 更新]をクリックします。

  3. プロンプトに従って、Eメール アドレスを確認します。

  4. Stardogクラウドインスタンスの取得」をクリックします。

  5. [ 無料で開始]をクリックし、チェックボックスをオンにしてStardogのサービス利用規約に同意し、[ チェックアウト]をクリックします。

  6. Databricks 接続をクリックします。

  7. [ Stardogスタジオ]をクリックします。

    Stardogスタジオが新しいタブで開きます。

  8. [ データ] をクリックします。

  9. [ + データソース] をクリックします。

  10. [ データソースの追加 ] ダイアログ ボックスで、データソースの名前を入力します。

  11. [データ型の種類] で、ドロップダウン リストから [Databricks] と [Spark SQL] を選択します。

  12. [ JDBC 接続 URL] に、要件から接続の詳細を入力します。

  13. [JDBC ユーザー名]tokenと入力します。

  14. [JDBC パスワード] には、要件から個人用アクセストークンを入力します。

  15. 「JDBC ドライバー・クラス」に「 com.simba.spark.jdbc.Driver」と入力します。

  16. [追加] をクリックします。

次のステップ

  1. Stardogデザイナーで知識グラフモデルを作成します。

  2. Stardogエクスプローラーでモデルを視覚化します。

関連リソース

以下のStardogリソースをご覧ください。