サーバーレス SQL ウェアハウスを有効にする

この記事では、ワークスペースでサーバレス SQLウェアハウスを有効にする方法について説明します。

サーバレス SQL ウェアハウスにはパブリック IP アドレスがありません。 アーキテクチャに関する詳細情報については、 「Databricks アーキテクチャの概要」を参照してください。

要件

アカウントでサーバーレスコンピュートを有効にする

注:

アカウントが 2022 年 3 月 28 日以降に作成された場合、ワークスペースではデフォルトでサーバレス コンピュートが有効になります。

  1. アカウント コンソールの設定ページの機能の有効化タブに移動します。

  2. ページ上部のバナーに、追加条件への同意を求めるメッセージが表示されます。 利用規約を読んだら、[ 同意する]をクリックします。 利用規約に同意するかどうかを尋ねるバナーが表示されない場合は、このステップはすでに完了しています。

  3. 設定ページに移動します。

  4. コンピュートを選択します。

  5. SQLウェアハウスの横にある「管理」をクリックします。

  6. サーバレス SQLウェアハウスをオンにします (On)

Hive metastore認証情報を削除して、サーバレスを有効にする

Hive metastore資格情報がワークスペース レベルで定義されている場合、サーバレス SQLウェアハウスをデプロイすることはできません。 従来のHive metastore資格情報を削除するには:

  1. ワークスペースの上部バーにあるユーザー名をクリックし、ドロップダウンから「設定」を選択します。

  2. 「コンピュート」タブをクリックします。

  3. SQLウェアハウスの横にある「管理」をクリックします。

  4. [データ アクセス構成]フィールドで、 Hive metastore資格情報を見つけて削除します。

  5. [変更を保存]をクリックします。

タグを使用して使用状況を監視する

Databricksの他のリソースと同様に、タグをサーバーレス SQL ウェアハウスに適用して、使用状況とコストを監視できます。 アカウント コンソールで使用状況を確認したり、ダウンロード可能なログにアクセスしたりできます。 「 使用状況ページへのアクセス」を参照してください

制限事項

サーバーレス ウェアハウスには次の制限があります。