Databricks ODBC ドライバーの ODBC DSN を作成するCreate an ODBC DSN for the Databricks ODBC Driver

この記事では、 Databricks ODBC ドライバーの ODBC データソース名 (DSN) を作成する方法について説明します。

オペレーティング システムに応じて、次のように DSN を作成します。

Windows での ODBC DSN の作成

  1. 「スタート」メニューからODBCデータソースを検索して、ODBC データソースアドミニストレータを起動します。

  2. [ドライバ]タブをクリックして、ODBC ドライバ (Simba Spark ODBC Driver)がインストールされていることを確認します。

  3. [User DSN]( ユーザーDSN )または [System DSN](システムDSN )タブをクリックし、[Add]( 追加 )ボタンをクリックします。

  4. インストールされているドライバーの一覧から [Simba Spark ODBC ドライバー ] を選択し、[ 完了] をクリックします。

  5. DSN の名前を入力し、ターゲットの Databricks 接続に対して次の構成設定を行います。

  6. [ OK ] をクリックして DSN の作成を終了します。

ターゲット アプリ、ツール、クライアント、SDK、または API で DSN を使用するには、 技術パートナー またはプロバイダーのドキュメントを参照してください。

macOSでODBC DSNを作成する

  1. macOS用ODBCマネージャは、次のいずれかの方法でインストールします。

  2. ODBC マネージャを起動します。

  3. [ドライバ]タブをクリックして、ODBC ドライバ (Simba Spark ODBC Driver)がインストールされていることを確認します。

  4. [User DSN]( ユーザーDSN )または [System DSN](システムDSN )タブをクリックし、[Add]( 追加 )ボタンをクリックします。

  5. インストールされているドライバーの一覧から [Simba Spark ODBC ドライバー ] を選択し、[ OK] をクリックします。

  6. DSN の名前を入力し、ターゲットの Databricks 接続に対して次の構成設定を行います。

  7. [ OK ] をクリックして DSN の作成を終了します。

ターゲット アプリ、ツール、クライアント、SDK、または API で DSN を使用するには、 技術パートナー またはプロバイダーのドキュメントを参照してください。

LinuxでODBC DSNを作成する

  1. unixODBCをインストールします。

  2. SYSTEM DATA SOURCESに対応するodbc.iniドライバー構成ファイルを探します。

    odbcinst -j
    
  3. テキストエディタで、odbc.ini構成ファイルを開きます。

  4. [ODBC Data Sources]セクションを作成します。

    [ODBC Data Sources]
    Databricks=Databricks ODBC Connector
    
  5. 次のように、DSNと同じ名前の別のセクションを作成します。

    [Databricks]
    Driver=<path-to-driver>
    Host=<server-hostname>
    Port=443
    HTTPPath=<http-path>
    SSL=1
    ThriftTransport=2
    <setting1>=<value1>
    <setting2>=<value2>
    <settingN>=<valueN>
    

ターゲット アプリ、ツール、クライアント、SDK、または API で DSN を使用するには、 技術パートナー またはプロバイダーのドキュメントを参照してください。