Databricks CLI のインストールまたは更新

この情報は、 パブリック プレビュー段階の Databricks CLI バージョン 0.205 以降に適用されます。 Databricks CLI のバージョンを見つけるには、 databricks -vを実行します。

この記事では、Databricks CLI をインストールまたは更新する方法について説明します。 「Databricks CLI とは」を参照してください。

取り付ける

Databricks CLI バージョン 0.205 以降をインストールするには、次のようにします。

Databricks CLI は、Databricks ワークスペース ユーザー インターフェイスからも使用できます。 「Databricks ワークスペース内から Databricks CLI を実行する」を参照してください。

更新

Databricks CLI バージョン 0.205 以降の以前のインストールを更新するには、次のようにします。

LinuxまたはmacOS用の自作インストール

このインストール オプションでは、 Homebrew を使用して、最新の Databricks CLI 実行可能リリースを自動的にダウンロードしてインストールします。

ターミナルから、次の2つのHomebrewコマンドを実行してCLIをインストールします。

brew tap databricks/tap
brew install databricks

次に、Databricks CLI の認証に進みます。

Homebrewがインストールされているかどうかわからない場合、または前述のHomebrewコマンドが失敗した場合は、次の長い手順に従ってください。

  1. Homebrew が既にインストールされているかどうかを確認するには、Linux シェル プロンプトまたは macOS ターミナルから次のコマンドを実行します。 Homebrew がインストールされている場合は、Homebrew のバージョン番号が表示されます。

    brew -v
    
  2. Homebrewがまだインストールされていない場合は、次のコマンドを実行してインストールします。

    /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"
    

    次に、次のコマンドを実行して、Homebrewのバージョン番号を表示するHomebrewのインストールを確認します。

    brew -v
    
  3. 次のコマンドを実行して、Homebrew を使用して、GitHub のデータブリック/自作タップ リポジトリを使用可能な Homebrew Tap リポジトリの一覧に追加します。

    brew tap databricks/tap
    
  4. Homebrew を使用して、次のコマンドを実行して、Databricks CLI 実行可能ファイルをダウンロードしてインストールするように databricks/homebrew-tap リポジトリに指示します。

    brew install databricks
    
  5. Databricks CLI が正しくインストールされているかどうかを確認します。 これを行うには、 -v オプションを使用するか、 version コマンドを実行して、Databricks CLI 実行可能ファイルのバージョンを表示します。

    databricks -v
    
    # Or:
    databricks version
    

    0.205.0 以上のバージョン番号が表示されている場合は、Databricks CLI が正しくインストールされていることを意味します。

    databricks を実行しても command not found: databricksなどのエラーが発生した場合、または databricks -v を実行してバージョン番号が 0.18 以下と表示されている場合は、マシンで Databricks CLI 実行可能ファイルの正しいバージョンが見つからないことを意味します。これを修正するには、「 CLI のインストールを確認する」を参照してください。

  6. Databricks CLI の認証に進みます。

Windows用のWinGetインストール

このインストール オプションでは、 winget を使用して、最新の Databricks CLI 実行可能リリースを自動的にダウンロードしてインストールします。

  1. コマンド プロンプトから、次の 2 つの winget コマンドを実行して CLI をインストールし、コマンド プロンプトを再起動します。

    winget search databricks
    winget install Databricks.DatabricksCLI
    
  2. Databricks CLI が正しくインストールされているかどうかを確認します。 これを行うには、 -v オプションを使用するか、 version コマンドを実行して、Databricks CLI 実行可能ファイルのバージョンを表示します。

    databricks -v
    
    # Or:
    databricks version
    

    0.205.0 以上のバージョン番号が表示されている場合は、Databricks CLI が正しくインストールされていることを意味します。

    databricks を実行しても command not found: databricksなどのエラーが発生した場合、または databricks -v を実行してバージョン番号が 0.18 以下と表示されている場合は、マシンで Databricks CLI 実行可能ファイルの正しいバージョンが見つからないことを意味します。これを修正するには、「 CLI のインストールを確認する」を参照してください。

  3. Databricks CLI の認証に進みます。

Windows用のChocolateyインストール

Databricks CLI と Chocolatey のインストールは 実験段階です。

このインストール オプションでは、 Chocolatey を使用して、最新の Databricks CLI 実行可能リリースを自動的にダウンロードしてインストールします。

  1. コマンドプロンプトから、次の choco コマンドを実行してCLIをインストールします。

    choco install databricks-cli
    
  2. Databricks CLI が正しくインストールされているかどうかを確認します。 これを行うには、 -v オプションを使用するか、 version コマンドを実行して、Databricks CLI 実行可能ファイルのバージョンを表示します。

    databricks -v
    
    # Or:
    databricks version
    

    0.205.0 以上のバージョン番号が表示されている場合は、Databricks CLI が正しくインストールされていることを意味します。

    databricks を実行しても command not found: databricksなどのエラーが発生した場合、または databricks -v を実行してバージョン番号が 0.18 以下と表示されている場合は、マシンで Databricks CLI 実行可能ファイルの正しいバージョンが見つからないことを意味します。これを修正するには、「 CLI のインストールを確認する」を参照してください。

  3. Databricks CLI の認証に進みます。

curl install for Linux、macOS、および Windows

このインストール オプションでは、 curl を使用して、最新の Databricks CLI 実行可能リリースをダウンロードしてインストールします。

Windows の場合、Databricks では Windows Subsystem for Linux (WSL) を使用することをお勧めします。 また、 unzip もインストールされている必要があります。 インストール手順については、オペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。 WSL を使用できない場合は、この手順をスキップし、代わりにコマンド プロンプトまたは PowerShell を使用してソース から Databricks CLI をインストールし ます。

  1. curl インストールする必要があります。 curl が既にインストールされているかどうかを確認するには、Linux シェル プロンプト、macOS ターミナル、または WSL の Bash から次のコマンドを実行します。curlがインストールされている場合は、curlバージョン番号が表示されます。

    curl -V
    
  2. curlがまだインストールされていない場合は、ご使用のオペレーティング・システムおよびアーキテクチャーの「curl リリースおよびダウンロード」ページの指示に従ってインストールします。マシンのアーキテクチャを取得するには、オペレーティングシステムのドキュメントを参照してください。

    次に、次のコマンドを実行して、curlバージョン番号を表示するcurlインストールを確認します。

    curl -V
    
  3. 次のコマンドを実行して、 curl を使用して Databricks CLI 実行可能ファイルをダウンロードしてインストールします (すべてのオペレーティング システムで -fsSL に正しい大文字と小文字を指定する必要があることに注意してください)。

    curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/databricks/setup-cli/main/install.sh | sh
    

    実行する前にスクリプトの内容を表示するには、GitHub の Databricks CLI セットアップ リポジトリにある install.sh ファイルを参照してください。

    Windows の場合は、このコマンドを管理者として実行する必要があります。

    Linux および macOS の場合、 /usr/local/bin が書き込み可能でないというエラー メッセージが表示された場合は、 sudoを指定してコマンドを再度実行します。

    このコマンドは、macOS と Linux では Databricks CLI 実行可能ファイルをパス /usr/local/bin/databricks にダウンロードし、Windows では C:\Windows\databricks.exe インストールします。

    何らかの理由で Databricks CLI が既にインストールされている場合は、"ターゲット パス <path> 既に存在します" というエラーが表示されます。 これを修正するには、上記のパスから Databricks CLI 実行可能ファイルを手動で削除してから、 curl コマンドを再度実行する必要があります。

  4. Databricks CLI が正しくインストールされているかどうかを確認します。 これを行うには、 -v オプションを使用するか、 version コマンドを実行して、Databricks CLI 実行可能ファイルのバージョンを表示します。

    databricks -v
    
    # Or:
    databricks version
    

    0.205.0 以上のバージョン番号が表示されている場合は、Databricks CLI が正しくインストールされていることを意味します。

    databricks を実行しても command not found: databricksなどのエラーが発生した場合、または databricks -v を実行してバージョン番号が 0.18 以下と表示されている場合は、マシンで Databricks CLI 実行可能ファイルの正しいバージョンが見つからないことを意味します。これを修正するには、「 CLI のインストールを確認する」を参照してください。

  5. Databricks CLI の認証に進みます。

Linux、macOS、および Windows のソースインストール

このインストール オプションでは、 .zip ファイルを手動でダウンロードし、ダウンロードした .zip ファイルから Databricks CLI 実行可能ファイルを手動で抽出します。

  1. GitHub の Databricks CLI リポジトリの [リリース] セクションに記載されている最新の Databricks CLI .zip ファイルをローカル開発マシンにダウンロードします。最新のリリースには、リリースのリストでその横に Latest ラベルが付いています。 最新のプレリリースには Pre-release ラベルがあり、実験や早期導入者に適しています。 リリースの Assets セクションからダウンロードする .zip ファイルは、開発用コンピューターのオペレーティング システムとアーキテクチャと一致している必要があります。

    ファイル名

    アーキテクチャ

    databricks_cli_X.Y.Z_darwin_amd64.zip

    マックOS, インテル 64-ビット / x86_64

    databricks_cli_X.Y.Z_darwin_arm64.zip

    macOS, アップルシリコン / M シリーズ / arm64

    databricks_cli_X.Y.Z_linux_amd64.zip

    リナックス, インテル 64 ビット / x86_64

    databricks_cli_X.Y.Z_linux_arm64.zip

    リナックス, ARM 64 ビット / arm64

    databricks_cli_X.Y.Z_windows_386.zip

    Windows, インテル 32-ビット / x86

    databricks_cli_X.Y.Z_windows_amd64.zip

    Windows, インテル 64-ビット / AMD64

    databricks_cli_X.Y.Z_windows_arm64.zip

    Windows, ARM 64 ビット / ARM64

    マシンのアーキテクチャを取得するには、オペレーティングシステムのドキュメントを参照してください。 例えば:

    • Linux: ターミナルコマンド uname -mlscpu、または sudo lshw -c cpu

    • macOS: Apple アイコンメニュー>この Mac について」、または「ターミナル」コマンド uname -m

    • Windows: コマンド プロンプトまたは PowerShell コマンド echo %PROCESSOR_ARCHITECTURE%

    これらの.zip ファイルのいずれかの整合性を確認する必要がある場合、Databricks は、.zip ファイルと同じ一覧に databricks_cli_X.Y.Z_SHA256SUMS という名前のチェックサム ファイルを提供します。チェックサム検証を実行するには、オペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。

  2. ダウンロードした .zip ファイルの内容を抽出します。 .zip ファイルを抽出するには、オペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。

  3. 抽出されたコンテンツには、 .zip ファイルと同じ名前のフォルダが表示されます。 このフォルダー内には、Databricks CLI 実行可能ファイルがあります。 Databricks CLI 実行可能ファイルはそこに残しておくことも、別の場所にコピーまたは移動することもできます。

  4. Databricks CLI が正しくインストールされているかどうかを確認します。 これを行うには、Linux シェル プロンプト、macOS ターミナル、または Windows コマンド プロンプトから、 -v オプションを使用するか、 version コマンドを実行して、Databricks CLI 実行可能ファイルのバージョンを表示します。

    databricks -v
    
    # Or:
    databricks version
    

    0.205.0 以上のバージョン番号が表示されている場合は、Databricks CLI が正しくインストールされていることを意味します。

    databricks を実行しても command not found: databricksなどのエラーが発生した場合、または databricks -v を実行してバージョン番号が 0.18 以下と表示されている場合は、マシンで Databricks CLI 実行可能ファイルの正しいバージョンが見つからないことを意味します。これを修正するには、「 CLI のインストールを確認する」を参照してください。

    macOS の場合、最初に Databricks CLI を実行できるようにするには、システムを承認する必要がある場合があります。 不明な開発元からMacアプリケーションを開くを参照してください。

  5. Databricks CLI の認証に進みます。

LinuxまたはmacOS用の自作アップデート

この更新オプションでは、 Homebrew を使用して、Databricks CLI バージョン 0.205 以降の以前のインストールを最新バージョンに自動的に更新します。

  1. Linux シェル プロンプトまたは macOS ターミナルから、Homebrew を使用して、次のコマンドを実行して、Databricks CLI 実行可能ファイルの最新バージョンをダウンロードして更新します。

    brew upgrade databricks
    
  2. Databricks CLI が正しく更新されているかどうかを確認します。これを行うには、 -v オプションを使用するか、 version コマンドを実行して、Databricks CLI 実行可能ファイルのバージョンを表示します。

    databricks -v
    
    # Or:
    databricks version
    

    予期される更新されたバージョン番号が表示された場合、Databricks CLI は正しくインストールされています。

    Databricks CLI バージョンの一覧については、GitHub の Databricks CLI リポジトリの リリース に関するセクションを参照してください。 最新のリリースには、リリースのリストでその横に Latest ラベルが付いています。

    databricks を実行しても command not found: databricksなどのエラーが発生した場合、または databricks -v を実行してバージョン番号が 0.18 以下と表示されている場合は、マシンで Databricks CLI 実行可能ファイルの正しいバージョンが見つからないことを意味します。これを修正するには、「 CLI のインストールを確認する」を参照してください。

Windows用のWinGetアップデート

この更新オプションでは、 winget を使用して、以前のバージョンの Databricks CLI バージョン 0.205 以降を自動的にダウンロードし、最新バージョンに更新します。

  1. コマンド プロンプトから winget を使用して、次のコマンドを実行して最新バージョンの Databricks CLI 実行可能ファイルをダウンロードして更新します。

    winget upgrade Databricks.DatabricksCLI
    
  2. Databricks CLI が正しくインストールされているかどうかを確認します。 これを行うには、 -v オプションを使用するか、 version コマンドを実行して、Databricks CLI 実行可能ファイルのバージョンを表示します。

    databricks -v
    
    # Or:
    databricks version
    

    予期される更新されたバージョン番号が表示された場合、Databricks CLI は正しくインストールされています。

    Databricks CLI バージョンの一覧については、GitHub の Databricks CLI リポジトリの リリース に関するセクションを参照してください。 最新のリリースには、リリースのリストでその横に Latest ラベルが付いています。

    databricks を実行しても command not found: databricksなどのエラーが発生した場合、または databricks -v を実行してバージョン番号が 0.18 以下と表示されている場合は、マシンで Databricks CLI 実行可能ファイルの正しいバージョンが見つからないことを意味します。これを修正するには、「 CLI のインストールを確認する」を参照してください。

Windows用のChocolateyアップデート

Databricks CLI を Chocolatey で更新することは 実験的です

この更新オプションでは、 Chocolatey を使用して、以前のバージョンの Databricks CLI バージョン 0.205 以降を自動的にダウンロードし、最新バージョンに更新します。

  1. コマンド プロンプトから choco を使用して、次のコマンドを実行して最新バージョンの Databricks CLI 実行可能ファイルをダウンロードして更新します。

    choco upgrade databricks-cli
    
  2. Databricks CLI が正しくインストールされているかどうかを確認します。 これを行うには、 -v オプションを使用するか、 version コマンドを実行して、Databricks CLI 実行可能ファイルのバージョンを表示します。

    databricks -v
    
    # Or:
    databricks version
    

    予期される更新されたバージョン番号が表示された場合、Databricks CLI は正しくインストールされています。

    Databricks CLI バージョンの一覧については、GitHub の Databricks CLI リポジトリの リリース に関するセクションを参照してください。 最新のリリースには、リリースのリストでその横に Latest ラベルが付いています。

    databricks を実行しても command not found: databricksなどのエラーが発生した場合、または databricks -v を実行してバージョン番号が 0.18 以下と表示されている場合は、マシンで Databricks CLI 実行可能ファイルの正しいバージョンが見つからないことを意味します。これを修正するには、「 CLI のインストールを確認する」を参照してください。

curl update for Linux、macOS、および Windows

この更新オプションでは、 curl を使用して、Databricks CLI バージョン 0.205 以降の以前のインストールを自動的にダウンロードし、最新バージョンに更新します。

Windows の場合、Databricks では Windows Subsystem for Linux (WSL) を使用することをお勧めします。 unzipがインストールされている必要があります。インストール手順については、オペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。 WSL を使用できない場合は、この手順をスキップし、代わりにコマンド プロンプトまたは PowerShell を使用してソース から Databricks CLI を更新する 必要があります。

  1. Databricks CLI 実行可能ファイルの既存のインストールを、macOS と Linux ではパス /usr/local/bin/databricks 、Windows では C:\Windows\databricks.exe から削除します。

  2. Linux シェル プロンプト、macOS ターミナル、または Windows コマンド プロンプトから、次のコマンドを実行して、 curl を使用して最新バージョンの Databricks CLI 実行可能ファイルをダウンロードしてインストールします ( -fsSLには正しい大文字と小文字を指定する必要があることに注意してください)。

    curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/databricks/setup-cli/main/install.sh | sh
    

    実行する前にスクリプトの内容を表示するには、GitHub の Databricks CLI セットアップ リポジトリにある install.sh ファイルを参照してください。

    Windows の場合は、このコマンドを管理者として実行する必要があります。

    Linux および macOS の場合、 /usr/local/bin が書き込み可能でないというエラー メッセージが表示された場合は、 sudoを指定してコマンドを再度実行します。

    このコマンドは、macOS と Linux では Databricks CLI 実行可能ファイルをパス /usr/local/bin/databricks にダウンロードし、Windows では C:\Windows\databricks.exe インストールします。

    次のエラーが表示された場合は、前のパスから Databricks CLI 実行可能ファイルを手動で削除してから、 curl コマンドを再度実行する必要があります: "ターゲット パス <path> 既に存在します。"

  3. Databricks CLI が正しく更新されているかどうかを確認します。これを行うには、ターミナルから、 -v オプションを使用するか、 version コマンドを実行して、Databricks CLI 実行可能ファイルのバージョンを表示します。

    databricks -v
    
    # Or:
    databricks version
    

    予期される更新されたバージョン番号が表示された場合、Databricks CLI は正しくインストールされています。

    Databricks CLI バージョンの一覧については、GitHub の Databricks CLI リポジトリの リリース に関するセクションを参照してください。 最新のリリースには、リリースのリストでその横に Latest ラベルが付いています。

    databricks を実行しても command not found: databricksなどのエラーが発生した場合、または databricks -v を実行してバージョン番号が 0.18 以下と表示されている場合は、マシンで Databricks CLI 実行可能ファイルの正しいバージョンが見つからないことを意味します。これを修正するには、「 CLI のインストールを確認する」を参照してください。

Linux、macOS、および Windows のソースアップデート

この更新オプションでは、 .zip ファイルを手動でダウンロードし、ダウンロードした .zip ファイルから Databricks CLI 実行可能ファイルを手動で抽出します。

  1. 必要に応じて、Databricks CLI 実行可能ファイル、 .zip ファイル、および .zip ファイルの抽出されたフォルダーを、以前の手動ソース インストール手順から削除します。

  2. 「Linux、macOS、および Windows のソース インストール」の手順に従って続行します。

Databricks ワークスペース内から Databricks CLI を実行する

Databricks CLI には、実行中のクラスターに接続されているノートブック内の Web 端末から、または実行中のクラスターの Web 端末から直接アクセスできます。 使用可能な CLI は常に最新バージョンであり、認証は現在のユーザーに基づいて行われます。 クラスターは次の要件を満たす必要があります。

  • クラスターには Databricks Runtime 15.0 以降がインストールされている必要があります。

  • クラスターは、 単一ユーザー または 分離共有なし の クラスター アクセス モード を使用する必要があります。共有クラスターアクセスモードはサポートされていません。

  • サーバレスコンピュートには対応しておりません。

  • ワークスペースで Private Service Connect を有効にすることはできません。

ノートブックの Web ターミナルから CLI にアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. 前述の要件を満たすクラスターにノートブックを接続します。

  2. ノートブックの右側のサイドバーの一番下にある「ボトムパネルを開く」アイコンをクリックします。ノートブックの下部パネルを開く

  3. 表示される「ターミナル」ペインで CLI を使用します。 たとえば、次のコマンドは現在のユーザーに関する情報を出力します。

    databricks current-user me
    

クラスターの Web 端末から CLI にアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. ワークスペースのサイドバーで、 「コンピュート」をクリックします。

  2. [汎用コンピュート]タブで、前述の要件を満たすクラスターの名前をクリックします。

  3. 開始」をクリックします。

  4. クラスターが起動したら、 [アプリ]タブで[Web ターミナル]をクリックします。

  5. 表示される Databricks Web ターミナルで CLI を使用します。 たとえば、次のコマンドは現在のユーザーに関する情報を出力します。

    databricks current-user me