グローバル initスクリプト を使用する

重要

グローバル init スクリプトは、シングル ユーザーまたは従来の非分離共有アクセス モードで構成されたクラスター上でのみ実行されるため、Databricks では、すべての init スクリプトをクラスター スコープの init スクリプトとして構成し、クラスター ポリシーを使用してワークスペース全体で管理することをお勧めします。

グローバル initScript は、ワークスペースに作成されたすべてのクラスターで実行されます。 グローバル initScript は、組織全体のライブラリ構成またはセキュリティ画面を適用する場合に便利です。 作業ペース管理者のみがグローバル initScript を作成できます。 これらは、UI または REST API を使用して作成できます。

重要

グローバル initScript はすべてのクラスターで実行されるため、次のような潜在的な影響を考慮してください。

  • ライブラリを追加したり、予期しない影響を引き起こすその他の変更を加えたりすることは簡単です。 可能な限り、代わりにクラスター スコープの init スクリプトを使用してください。

  • クラスターを作成してクラスターログ配信を有効にするすべてのユーザーは、グローバル initScript からの stderrstdout 出力を表示できます。 グローバル initスクリプト が機密情報を出力しないようにする必要があります。

グローバル init スクリプトのトラブルシューティングを行うには、 クラスター ログの配信 を構成し、initスクリプト ログを調べます。 initスクリプトのロギングを参照してください。

グローバル init スクリプトを管理するには、 グローバル initスクリプト API を使用する必要があります。

UI を使用したグローバル初期化スクリプトの追加

管理者設定を使用してグローバル initスクリプトを構成するには:

  1. 管理者設定に移動し、[ コンピュート ]タブをクリックします。

  2. [Global initスクリプト] の横にある [管理] をクリックします。

  3. [ + 追加] をクリックします。

  4. スクリプトに名前を付け、テキストファイルを入力、貼り付け、または「 スクリプト 」フィールドにドラッグして入力します。

    initスクリプトは 64KB を超えることはできません。 スクリプトがそのサイズを超えると、保存しようとしたときにエラーメッセージが表示されます。

  5. ワークスペースに複数のグローバル initスクリプトが構成されている場合は、新しいスクリプトの実行順序を設定します。

  6. 保存後にすべての新規および再起動されたクラスターに対してスクリプトを有効にする場合は、[ 有効] を切り替えます。

    重要

    グローバル initScript を追加したり、initScript の名前、実行順序、または有効化を変更したりしても、クラスターを再起動するまで、それらの変更は有効になりません。

  7. [追加] をクリックします。

Terraform を使用してグローバル初期化スクリプトを追加する

グローバル initスクリプトを追加するには、 Databricks Terraform プロバイダーdatabricks_global_init_script を使用します。

UI を使用したグローバル初期化スクリプトの編集

  1. 管理者設定に移動し、[ コンピュート ]タブをクリックします。

  2. [Global initスクリプト] の横にある [管理] をクリックします。

  3. スクリプトをクリックします。

  4. スクリプトを編集します。

  5. [確認]をクリックします。

API を使用したグローバル初期化スクリプトの構成

ワークスペースの管理者は、グローバルInitスクリプトAPIを使用して、ワークスペース内のグローバルinitスクリプトの追加、削除、並べ替え、情報の取得を行うことができます。