レガシ Databricks JDBC ドライバー

注:

次の情報は、従来の Databricks JDBC ドライバー 2.6.22 以前に適用されます。

Databricks JDBC ドライバー 2.6.25 以降の詳細については、「 Databricks JDBC ドライバー」を参照してください。

JDBC 接続 URL を使用して Databricks personal アクセストークンを使用して認証するには、次のプロパティ コレクションを設定し、 <personal-access-token> を Databricks personal アクセストークンに置き換えます。

jdbc:spark://<server-hostname>:443;httpPath=<http-path>;transportMode=http;SSL=1;UID=token;PWD=<personal-access-token

Java コードを使用して Databricks personal アクセストークンを使用して認証するには、次のプロパティ コレクションを設定し、 <personal-access-token> を Databricks personal アクセストークンに置き換えます。

// ...
String url = "jdbc:spark://<server-hostname>:443;httpPath=<http-path>;transportMode=http;SSL=1";
Properties p = new java.util.Properties();
p.put("UID", "token");
p.put("PWD", "<personal-access-token>");
// ...
DriverManager.getConnection(url, p);
// ...
  • 従来の Databricks JDBC ドライバーでは、 transportMode プロパティと SSL プロパティを設定する必要があります。 Databricks では、これらの値をそれぞれ http1に設定することをお勧めします。

  • 上記のコードを独自のニーズに適合させることができる完全な Java コード例については、「 Databricks ODBC ドライバーの認証設定」の冒頭を参照してください。

  • <server-hostname><http-path>の値を取得するには、次の手順を参照してください。

Databricks クラスターの接続の詳細を取得するには、次の操作を行います。

  1. Databricksワークスペースにログインします。

  2. サイドバーで、「コンピュート」をクリックします。

  3. 使用可能なクラスターのリストで、ターゲットクラスターの名前をクリックします。

  4. 構成 」タブで、「 詳細オプション」を展開します。

  5. JDBC/ODBC 」タブをクリックします。

  6. サーバーのホスト名ポートHTTP パスなど、必要な接続の詳細をコピーします。

Databricks SQLウェアハウスの接続の詳細を取得するには、次の手順を実行します。

  1. Databricksワークスペースにログインします。

  2. サイドバーで、「SQL」>「SQL ウェアハウス」 をクリックします。

  3. 使用可能なウェアハウスのリストで、ターゲットのウェアハウスの名前をクリックします。

  4. 接続の詳細 」タブで、 サーバーのホスト名ポートHTTP パスなど、必要な接続の詳細をコピーします。

Databricksクラスターでドライバーを使用するには、クラスターへの接続時またはクラスターの再起動時に呼び出し側ユーザーまたはサービスプリンシパルに必要なアクセス許可が2 つあります。

  • 実行中のクラスターに接続するための CAN ATTACH TO 権限。

  • 接続時にクラスターの状態が終了した場合に、クラスターの開始を自動的にトリガーする CAN RESTART 権限。

Databricks SQLウェアハウスでドライバーを使用するには、呼び出し側ユーザーまたはサービスプリンシパルに CAN USE 権限が必要です。 Databricks SQL ウェアハウスが停止している場合は、自動的に起動します。

注:

Databricks SQL ウェアハウスは、 DirectQuery モードで Microsoft Power BI を使用する場合に推奨されます。