Databricks SQL リリースノート

この記事では、Databricks SQL の新機能と機能強化、既知の問題と FAQ の一覧を示します。

リリースプロセス

Databricks は、Databricks SQL Web アプリケーション ユーザー インターフェイスの更新を継続的にリリースし、すべてのユーザーが短期間で同じ更新をロールアウトします。

さらに、Databricks は通常、新しい SQLウェアハウス コンピュート バージョンを定期的にリリースします。 2 つのチャンネル が常に利用可能です: プレビューと現在。

リリースは段階的に行われます。 Databricks アカウントは、最初のリリース日から 1 週間以上経たないと、新しい SQLウェアハウス バージョンまたは Databricks SQL 機能で更新されない場合があります。

チャンネル

チャンネルでは、 Current SQLwarehouse コンピュート バージョンまたはプレビューバージョンを選択できます。 プレビュー バージョンでは、Databricks SQL 標準になる前に機能を試すことができます。 プレビュー バージョンを利用して、本番運用のクエリとダッシュボードを今後の変更に対してテストします。

通常、プレビュー バージョンは、プレビュー チャンネルにリリースされてから約 2 週間後に現在のチャンネルに昇格されます。 セキュリティ機能、メンテナンスアップデート、バグ修正などの一部の機能は、現在のチャンネルに直接リリースされる場合があります。 Databricks は、プレビュー バージョンを別のスケジュールで現在のチャンネルに昇格させることがあります。 各新しいバージョンは、次のセクションで発表されます。

既存の SQL ウェアハウスをプレビュー チャンネルに切り替える方法については、 「プレビュー チャンネル」を参照してください。 ユーザー インターフェイスの更新セクションに記載されている機能は、リリース ノートのチャンネルセクションに記載されている SQLwarehouse コンピュートのバージョンとは独立しています。

利用可能な Databricks SQL バージョン

現在のチャンネル: Databricks SQLバージョン 2024.25

プレビューチャンネル: Databricks SQLバージョン 2024.25

Databricks SQL バージョン 2024.25の新機能と更新内容をご覧ください。

2024年6月6日

ユーザー インターフェイスの更新

ダッシュボード:

  • アカウントユーザーは公開されたダッシュボードから視覚化データをダウンロードできるようになりました

  • 未公開のダッシュボードは、ダッシュボードの上部近くにある[下書き/公開]ドロップダウンを使用して公開できるようになりました。

  • 名前付き制限が検出されない問題を修正しました。

ビジュアリゼーション:

  • ダークモードでのボックス プロットのレンダリングが改善されました。

クエリの発見:

  • SQLウェアハウスに添付されているすべてのデータベースについては、クエリを含むセルの下の[パフォーマンスを表示]をクリックすると、クエリ プロファイルにアクセスできます。 セルに複数のクエリが含まれている場合は、各ステートメントにそれぞれのクエリ プロファイルへのリンクが提供されます。

2024年5月30日

サーバレスSQLウェアハウスは、次のリージョンでパブリック プレビュー中です。

  • us-west1 (米国西部1)

  • us-east4 (米国東部4)

  • ヨーロッパ西部2

  • アジア南東部1

  • アジア南部1

SQLウェアハウスの新しい権限レベル

監視可能権限により、ユーザーは、関連するクエリ履歴やクエリ プロファイルを含む SQL ウェアハウスを監視できます。 [ 監視可能 ] アクセス許可が パブリック プレビューになりました。 SQLウェアハウス ACLを参照してください。

ユーザー インターフェイスの更新

ダッシュボードの改善:

  • 画像やデータをダウンロードするためのケバブメニューをダッシュボードウィジェットに追加しました。

  • ユーザーは、従来のダッシュボードのクエリ ベースの 引数 と 引数 リスト 引数 をダッシュボードに移行できます。

2024年5月23日

新しいダッシュボードツール

ダッシュボード (以前は Lakeview ダッシュボードと呼ばれていました) は現在パブリック プレビュー中です。 UI ではダッシュボードという名前が付けられ ます 。 Databricks SQL ダッシュボードは、レガシー ダッシュボードと呼ばれるようになりました。 関連する API ツールの名前は変更されていません。

ユーザー インターフェイスの更新

  • ワークスペース内の複数の項目を選択して移動または削除できるようになりました。 複数のオブジェクトを選択すると、アクションバーが表示され、アイテムを移動または削除するためのオプションが表示されます。 さらに、マウスを使用して複数のアイテムを選択し、それらを新しい場所にドラッグすることもできます。 オブジェクトに対する既存の権限は、一括移動および一括削除操作中も適用されます。

  • カタログ エクスプローラーとスキーマ ブラウザーでUnity Catalogアセットをお気に入りとしてマークできるようになりました。 これには、カタログ、スキーマ、表、モデル、ボリューム、および関数が含まれます。 お気に入りとしてマークした Unity Catalog アセットには、Databricks ホームページから簡単にアクセスできます。

ダッシュボードの更新:

  • 2 軸複合グラフで、右側の軸に棒の凡例が正しく表示され、それに応じて線の凡例が表示されるようになりました。

  • 2 重軸グラフで、棒グラフにラベルが正しく表示されるようになりました。

ビジュアライゼーションの更新:

  • テーブルエディタの if and then の条件付き書式ラベルで、ダークモードがサポートされるようになりました。

  • 冗長 なリンクを開く アイコンが、テーブルエディタのフォーマットツールチップから削除されました。

  • テーブル エディター内のデフォルト フォント カラーのラベルが自動的に揃えられるようになりました。

2024年5月16

ロールアウト スケジュール

  • 2024.25 のプレビュー ロールアウト: 5月1日竣工

  • 2024.25 の現在のロールアウト: 5月14日から5月21日まで

panda Python ライブラリのアップグレード (バージョン 2.0.3) Databricks SQL バージョン 2024.20 で重大な変更が発生しました。 Databricksバージョン 2024.20 を現在のチャンネルにロールアウトしていません。 代わりに、プレビューチャンネルは2025年5月1日に2024.25にアップグレードされました。 現在のチャンネルのロールアウトは、2024.15 から 2024.25 に直接行われます。

2024.25 の変更点

SQL言語の機能

* (スター) 句が WHERE 句でサポートされるようになりました。

WHERE 句で star (*) 句を使用して、SELECT リストのすべての列を参照できるようになりました。たとえば、 SELECT * FROM VALUES(1, 2) AS T(a1, a2) WHERE 1 IN(T.*)です。

Cloudflare R2ストレージのサポートにより、2024.15以降、リージョン間のエグレス料金を回避

Unity Catalog に登録されたデータのクラウドストレージとして Cloudflare R2 を使用できるようになりました。 Cloudflare R2 は主に、データがリージョンをまたぐときにクラウド プロバイダーによって課金されるデータ送信料金を回避したい Delta Sharing のユースケースを対象としています。

Cloudflare R2 ストレージは、Google Cloud Storage でサポートされているすべての Databricks データと AI アセットをサポートします。

Cloudflare R2レプリカを使用するか、ストレージをR2に移行する 」および「 Cloudflare R2に接続するためのストレージ認証情報を作成する」を参照してください。

ユーザー インターフェイスの更新

このセクションにリストされている機能は、上記のSQLウェアハウスコンピュートのバージョンとは無関係です。

データディスカバリーの更新: Hive metastoreからUnity Catalogへの更新ウィザードは、汎用コンピュートまたは SQL ウェアハウスを使用したHive metastore管理テーブルのアップグレードをサポートします。 20 を超えるテーブルを更新すると、変換を実行するSYNCコマンドとALTER TABLEコマンドを含む新しいノートブックが作成されます。

2024年5月9日

SQL エディターの修正:

  • 管理者設定の結果テーブルのクリップボード機能が、SQL エディターの新規結果テーブルに適用されるようになりました。

2024年5月2日

ビジュアライゼーションの更新:

  • ユーザーが選択した表の色が、従来のグラフのライトモードとダークモードをまたいで保持されるようになりました。

  • データ切り捨てロジックが改善され、コンボ チャート、円グラフ、ヒートマップ チャート、ヒストグラム チャートのパフォーマンスが向上しました。

  • 目盛りは、基本グラフの定量的軸の上部に常に表示されるようになりました。

2024年4月23日

UI の更新:

  • UI のすべての共有ダイアログで、 All Usersグループの名前がAll Workspace Usersに変更されました。 新しい名前は、ワークスペースに割り当てられたユーザーを常に含めるグループの範囲をより正確に反映します。 この名前変更では、グループ メンバーシップには変更は加えられません。

ビジュアライゼーションの更新:

  • カスタムツールトップの書式が、多軸グラフで正しく機能するようになりました。

  • ユーザーが過去 14 日間にトグルを変更していない場合、新しいグラフのプレビュー タグは削除されます。

2024年4月18日

ユーザー インターフェイスの更新

このセクションにリストされている機能は、上記のSQLウェアハウスコンピュートのバージョンとは無関係です。

改善点:

  • 積み上げグラフのツールチップに、デフォルトで積み上げ値とパーセンテージが表示されるようになりました。

  • 複数軸グラフのツールチップで、ホバーされた項目が強調表示されるようになりました。

  • Databricks SQL のテーブル視覚化では、SQL エディターで編集するときに、新しいクエリ結果のデータ型が適応されるようになりました。

  • カタログ エクスプローラーのクエリ履歴テーブルには、クエリ ソース属性のツリー ビューが表示されます。 これを使用して、クエリ ステートメントの実行をトリガーしたエンティティを確認できます。

2024年4月11

サーバレス SQL ウェアハウスは現在パブリック プレビュー中です。

Databricksサーバーレス アーキテクチャを使用することで、サーバーレス SQL ウェアハウスはDatabricks SQLのすべてのパフォーマンス機能をサポートします。 サーバーレス SQL ウェアハウスとそのパフォーマンス機能により、次のメリットが得られます。

  • 迅速な起動時間(通常は2〜6秒)。

  • 低レイテンシを維持するために必要なときに、より多くのコンピュートを取得するための迅速なアップスケーリング。

  • 仮想マシンではなくハードウェアの制限に近いクエリのアドミタンス。

  • 需要が低いときに迅速にダウンスケーリングしてコストを最小限に抑え、最適化されたコストとリソースで一貫したパフォーマンスを提供します。

「サーバーレス SQL ウェアハウスを有効にする」を参照してください。

ユーザー インターフェイスの更新

このセクションにリストされている機能は、上記のSQLウェアハウスコンピュートのバージョンとは無関係です。

改善点:

  • Databricks SQL およびノートブックで視覚化を作成するときに、パーセンテージでグループ化できるようになりました。

  • 新しいグラフ (パブリック プレビュー) では、軸に平行な直線をクリックしてドラッグすることで、1 つの軸に沿ってズームインできます。

  • Unity Catalog 共有クラスターの許可リストUI が一般提供されました。 カタログエクスプローラのメタストア詳細ページからアクセスできます。 「 許可リストに項目を追加する方法」を参照してください。

  • 外部場所を作成および編集するためのフォームがフルページとして開きます。 これには、ストレージ資格情報を含めるオプションが含まれています。

修正内容:

  • ヒストグラムチャートで、負の値が誤って正としてマークされる問題を修正しました。

2024年4月4日

ユーザー インターフェイスの更新

このセクションにリストされている機能は、上記のSQLウェアハウスコンピュートのバージョンとは無関係です。

改善点:

  • ヒートマップと他のグラフタイプの間でビジュアライゼーションを切り替えると、関連するフィールドがより適切に保持されるようになりました。

修正内容:

  • カラーエンコーディングの棒グラフで、複数の Y 軸フィールドの追加が正しく制限されるようになりました。

  • 一部のビジュアライゼーションで [PNG としてダウンロード ] ボタンが表示されない問題を解決しました。

  • 以前は数千の区切り文字が欠落していた負の長整数の書式設定を修正しました。

  • 折れ線グラフのラベルにカーソルを合わせたときのホバー線の配置が正しくない問題を修正しました。

2024年3月28日

Databricks SQL バージョン 2024.15 が利用可能になりました

ロールアウトスケジュール

  • 2024.15 のプレビュー ロールアウト: 2月14日から3月4日まで

  • 2024.15 の現在のロールアウト: 3月25日から4月8日まで

2024.15 の変更点

Delta更新

  • Delta UniForm が一般提供されました: UniForm が一般提供され、IcebergCompatV2 テーブル機能を使用します。 既存のテーブルでUniFormを有効化またはアップグレードできるようになりました。 クライアントで テーブルを読み取るために UniFormDelta Icebergを使用する」を 参照してください。

  • Delta テーブルのデータ スキップ統計を再計算: データ スキップに使用される列を変更した後、Delta ログに保存されている統計を再計算できるようになりました。 Delta統計列の指定 」を参照してください。

SQL言語のアップデート

  • SQL セッションで一時変数を宣言する:このリリースでは、セッションで一時変数を宣言し、それを設定してクエリで参照する機能が導入されました。 「 変数」を参照してください。

  • ネイティブ XML ファイル形式のサポート (パブリック プレビュー): ネイティブ XML ファイル形式のサポートがパブリック プレビューになりました。 XML ファイル形式のサポートにより、バッチ処理またはストリーミング用の XML データの取り込み、クエリ、および解析が可能になります。 スキーマとデータ型を自動的に推論および進化させることができ、 from_xmlなどの SQL 式をサポートし、XML ドキュメントを生成できます。 外部の jar は必要なく、Auto Loader、 read_filesCOPY INTO 、Delta Live Tables とシームレスに連携します。 「XML ファイルの読み取りと書き込み」を参照してください。

Apache Spark SQL の更新

Databricks SQL 2024.15 には Apache Spark 3.5.0 が含まれています。 SQLの追加のバグ修正と改善点は、 Databricks Runtime 14.3 リリース ノートに記載されています。 完全なリストについては、 Apache Sparkを参照し、 [SQL]タグを探してください。

ユーザー インターフェイスの更新

このセクションにリストされている機能は、上記のSQLウェアハウスコンピュートのバージョンとは無関係です。

  • カタログ エクスプローラーのエンティティ ページにある新しい概要タブには、ファイルサイズ、データ ソース、所有者、テーブル スキーマ、コメントなどの重要なメタデータが表示されます。

  • ヒートマップと他のグラフタイプの間でビジュアライゼーションを切り替えると、関連するフィールドがより適切に保持されるようになりました。

  • カラーエンコーディングの棒グラフで、複数の Y 軸フィールドの追加が正しく制限されるようになりました。

2024年3月21日

  • Unity Catalogモデル リネージは現在パブリック プレビュー段階にあります。

カタログ エクスプローラーのテーブル ビューに、主要なメタデータを説明する[概要]タブが追加されました。

2024年3月14

  • 新しいグラフでは、数値列の null 値にエイリアスとカスタム色が適用されるようになりました。

  • 新しいグラフでは、目盛りがレンダリングされ、Y 軸の上部が表示されるようになりました。

2024年3月7日

  • 系列が 100 を超えるグラフのツールヒントにすべての系列が誤って表示される問題を修正しました。 これで、フォーカスされた系列のみが表示されます。

  • パフォーマンスの最適化により、SQL エディターでの入力遅延が 30% 削減されました。

  • SQL エディターでクエリを管理する場合、クエリをゴミ箱に移動すると、タブが自動的に閉じます。

  • SQL エディターでサイド パネルの幅を調整するときにテキストが誤って選択される問題を修正しました。

2024年2月29日

  • カタログエクスプローラーのスキーマブラウザに、列の主キー制約と外部キー制約が表示されるようになりました。

  • カタログ エクスプローラーの [リネージ] タブに表示される保存期間が 1 年に延長されました。

  • ノートブック内の新しいチャートのツールチップが、常に視覚化境界内にレンダリングされるようになりました。

2024年2月22日

  • カタログ エクスプローラーのテーブル ビューの[サンプル データ]タブが改善され、列の並べ替え、選択したデータのクリップボードへのコピー、および行番号の表示が可能になりました。 JSON オブジェクト、日付、数値、NULL 値などの特別な値をより適切に表示できるようになりました。

2024年2月15日

  • SELECT action AS 'action::filter'などのコードベースのクエリ フィルターのドキュメントは削除されました。Databricks では、クエリを更新してこのパターンを削除することをお勧めします。

2024年2月8日

  • 権限を持たない Lakeview ダッシュボードへのリンクを開いたときにアクセスをリクエストできるようになりました。

  • Lakeview ダッシュボード フィルターには、明示的な[すべて]および[なし]オプションが追加されました。 作成者は、単一選択フィルターで [すべて] オプションを非表示にすることを選択できます。

  • Lakeview ダッシュボード チャートの軸の最小値と最大値を設定できるようになりました。

2024年2月1日

Databricks SQL バージョン 2024.10 が利用可能

ロールアウトスケジュール

  • 2024.10 のプレビュー ロールアウト: 2024年1月30日から2024年2月5日まで

  • 2024.10 の現在のロールアウト: 2023年2月13日から2024年2月20日まで

2024.10 の変更点

  • DML コマンドでの破損したファイルの処理を修正しました。DMLコマンドDELETEUPDATE 、およびMERGE INTO読み取りオプションignoreCorruptFilesおよびignoreMissingFilesを考慮しなくなりました。 テーブル内で読み取り不可能なファイルが見つかった場合、これらのオプションが指定されていても、これらのコマンドは失敗するようになりました。

  • 行レベルの同時実行性は一般提供されており、デフォルトでオンになっています。行レベルの同時実行性は、行レベルでの変更を検出することにより、行書き込み操作間の競合を軽減します。 行レベルの同時実行は、パーティション分割のないテーブル (リキッドフラリングのあるテーブルを含む) でのみサポートされます。 行レベルの同時実行は、削除が有効になっているDeltaテーブルではデフォルトで有効になります。 「行レベルの同時実行性との書き込みの競合」を参照してください。

  • Unity Catalog外部テーブルの浅いクローン (パブリック プレビュー): Unity Catalogの外部テーブルで浅いクローンを使用できるようになりました。 Unity Catalogテーブルの浅いクローン」を参照してください。

  • マルチスレッド統計収集の高速化: CONVERT TO DELTAを実行する場合、または Iceberg テーブルと Parquet テーブルからクローンを作成する場合、小規模クラスターでは統計収集が最大 10 倍高速になります。 「 Delta Lake への変換 」および「Parquet テーブルと Iceberg テーブルの Delta Lake への増分クローン作成 」を参照してください。

  • Deltaファイルの DeltaSource のプッシュダウン フィルター:使用率を向上させるために、 Deltaテーブルのストリーミング クエリのパーティション フィルターが、レート制限の前にDeltaにプッシュダウンされるようになりました。

ユーザー インターフェイスの更新

このセクションにリストされている機能は、上記のSQLウェアハウスコンピュートのバージョンとは無関係です。

2024年1月18日

  • ビジュアライゼーションで、X 軸に 1 つの日付を示す棒グラフが非常に細い棒になるレンダリングの問題を修正しました。 新しいグラフの視覚化は、期待どおりにレンダリングされます。

2024年1月11

  • Databricks SQL クエリとダッシュボード APIs では、プログラムによる [ 実行 ] ロール設定の変更がサポートされています。

2024年1月4日

2023年12月21日

  • 新しいチャートの場合、ヒートマップタイプのチャートは reverseY 設定を尊重します。

  • 多数の視覚化を含むノートブックのレンダリング パフォーマンスの問題を修正しました。

2023年12月7日

ユーザー インターフェイスの更新

  • 大きな整数値が誤って浮動小数点数として表示されるビジュアライゼーションの書式設定の問題を修正しました。

  • Databricks SQL ダッシュボードで、展開されたグラフ ビューに空白のグラフが表示されることがある問題を修正しました。

  • X 軸と Y 軸の両方に量的フィールドがある棒グラフでは、データ ラベルが読みやすく表示されます。

  • SQL エディターの問題が修正され、タイトルに単語streamが含まれるテーブルが予約されたキーワードと競合しなくなりました。 これらのテーブルは、スキーマ ブラウザーに期待どおりに表示され、エラーは強調表示されません。

  • クエリーの履歴ページで、列のサイズ変更と列の選択がサポートされるようになりました。

  • クエリーの履歴ページでは、「クエリー source 」と「 クエリー source type」の 2 つの新しい列がサポートされています。

  • Tableau や Power BI などの BI オプションは、対象ページのカタログ エクスプローラーで簡単に見つけることができます。

2023年11月30日

ユーザー インターフェイスの更新

このセクションにリストされている機能は、上記のSQLウェアハウスコンピュートのバージョンとは無関係です。

  • 新しいグラフのラベルのダークモードの互換性が向上しました。

  • 新しいグラフでは、棒グラフ内のラベル表示が一貫して優先されるようになりました。

  • 一部の右クリックメニューアクションがSQLエディターで機能していなかったバグを修正しました。

2023年11月16

ユーザー インターフェイスの更新

このセクションにリストされている機能は、上記のSQLウェアハウスコンピュートのバージョンとは無関係です。

2023年11月9日

2023.50 の変更点:

ハイライト:

SQL 言語の更新: 以下の組み込み関数が追加されました: - 'from_xml': XML STRINGSTRUCTに解析します。 - ' schema_of_xml': XML STRINGからスキーマを派生させます。- ' session_user': ログインしているユーザーを返します。 - 'try_reflect': Java メソッドが失敗した場合に、例外の代わりに NULL を返します。

以下の組み込み関数が拡張されました。

  • 関数呼び出し。 関数へのテーブル引数によるパーティション分割と順序付けのサポート: PARTITION BY 句と ORDER BY 句を使用して、テーブル引数を関数に渡す方法を制御できるようになりました。

  • 'mode': 決定論的な結果を強制するオプションのパラメーターのサポート。

  • 'to_char': DATETIMESTAMP、および BINARYを新たにサポートしました。

  • 'to_varchar': DATETIMESTAMP、および BINARYを新たにサポートしました。

  • 'array_insert()' は負のインデックスに対して 1 から始まります: array_insert 関数は、正のインデックスと負のインデックスの両方で 1 から始まります。 インデックス -1 の入力配列の末尾に新しい要素が挿入されるようになりました。

ユーザー インターフェイスの更新

このセクションにリストされている機能は、上記のSQLウェアハウスコンピュートのバージョンとは無関係です。

視覚 エフェクト:

  • 新しいグラフのツールヒントには、カーディナリティの高いグラフのホバーされた項目のみが表示されます。

  • 新しいグラフでは、2 重軸グラフが自動的に 0 に揃えられます。

  • チャートの回転ラベルと軸テキストの角度方向が -90 度から 90 度に変更されました。

  • チャートは、ラベルの幅を使用して回転を決定するようになりました。

SQL エディター: オートコンプリートの積極性が弱まり、文末で自動的に閉じるようになりました

2023年11月2日

2023年10月26日

Databricks SQL バージョン 2023.45 の変更点

ハイライト:

クエリー optimizations:

  • 外部結合がすべて個別の集計関数である場合、それらを削除しました。 スパーク-42583

  • 述語のフィルタリングの順序を最適化しました。 スパーク-40045

SQL 関数の更新:

ユーザー インターフェイスの更新

改善:

  • データ フィールド名のピリオドによって空白のグラフが表示されなくなりました。

  • 従来のスキーマブラウザが Unity Catalogで動作するようになりました。

  • SQL エディターでアクティブなタブのみを読み込むようにパフォーマンスを改善し、初期読み込み時間を最大 20% 短縮しました。

  • カタログエクスプローラーのAI生成テーブルコメントが正式リリースされました。

修正:

  • 時系列棒グラフの棒が日付目盛りの中央に配置されるようになりました。

  • 集計式を含むデータ ラベル テンプレートで、適切な数値フォーマッタが使用されるようになりました。

  • 新しいチャートのズームは、時系列データを使用してカテゴリに設定されたスケールで機能するようになりました。

2023年10月19日

改善:

  • スキーマブラウザでのドラッグアンドドロップが利用可能になりました。

修正:

  • 凡例選択ツールチップの指示では、Mac ユーザーが cmd を使用し、Windows ユーザーが ctrlを使用することを指定します。

  • データが切り捨てられたグラフは、エディターに表示されるように一貫した色で表示されます。

2023年10月12日

改善:

  • 新しいグラフでは、散布図プロットの @@name データ ラベルがサポートされます。

  • カスタマイズされたパーセンテージ形式は、新しいグラフのグループ化されたグラフのツールヒントに適用されます。

  • ワークスペース バインド拡張機能 UI は GA です。

  • リネージはGAです。

修正:

  • 新しいグラフでのラベルのレンダリングが改善され、ラベルがグラフの境界外にこぼれるのを防ぎました。

  • 新しいチャートの目盛りとグリッド線のコントラストを上げて、視認性を向上させました。

  • 軸ラベルの間隔を広げて、新しいグラフでの読みやすさを向上させました。

2023年10月5日

改善:

  • グラフ内の系列にカーソルを合わせると、ツールヒント内の周囲の系列が淡色表示され、新しいグラフの読みやすさが向上するようになりました。

  • パーセント値を使用する新しいグラフでは、ツールヒントが絶対値で表示されるようになりました。

  • ボリュームを作成するためのオートコンプリートのサポートが追加されました。

  • 非アクティブなタブを閉じても、タブが切り替わらなくなりました。

  • 選択した実行は、テキストを強調表示するタイミングを明確に示します。

修正:

  • データが切り捨てられたときのピボットテーブルのエラーメッセージの文言が改善されました。

  • ピボットテーブルで、BigInt データ型の使用時に色が表示されないレンダリングエラーを修正しました。

  • 多数の凡例項目を含む新しいチャートで PNG をダウンロードするときに、オーバーフロー凡例エントリの色記号が削除されました。

  • 新しいグラフの線は、一番上のビュー境界でも一定の太さを維持します。

  • Delta Live Tables は SQL パーサーによって適切に検出され、スキーマ ブラウザーに無効なテーブルとして表示されません。

  • ツールチップがサイドバーに追加されました。

2023年9月28日

改善:

  • カタログ エクスプローラーでのDeltaテーブル履歴の改善には、日付範囲、ユーザー、操作の種類のフィルターの追加、並べ替え可能な列、関連付けられたジョブとノートブックへのインライン リンクの追加が含まれます。

  • 凡例、ツールチップ、テーブルの視覚化にダークモードのサポートが追加されました。

2023年9月21日

改善:

  • ピボットテーブルのレンダリングパフォーマンスが向上しました。

  • UI のリネージ表形式ビュー用の新しい DuBois パターン。

2023 年9月14日

改善:

  • 新しいチャート ビジュアライゼーションで PNG をダウンロードするときにファイル名が保持されるようになりました。 Databricks の新しいグラフの視覚化 を参照してください。

2023 年9月7日

Databricks SQL バージョン2023.40が利用可能

ロールアウト スケジュール

  • 2023.40 のプレビュー ロールアウト: 2023年9月5日から2023年9月11日まで

  • 2023.40 の現在のロールアウト: 2023年9月18日から2023年9月25日まで

2023.40での変更点:

  • タグが Unity Catalogで使用できるようになりました。

  • Databricks Runtime は、クエリー計画と呼び出しの間にファイルが変更されると、エラーを返します。

  • Databricks ODBC / JDBC ドライバーのサポート。

  • 時系列列のラベル付けを有効にします。

  • 新しいビットマップ SQL 関数。

  • 暗号化機能を改善しました。

  • Unity Catalog のサポート REFRESH FOREIGN.

  • INSERT BY NAME がサポートされるようになりました。

  • マテリアライズドビューを Delta Sharingと共有します。

ユーザー インターフェイスの更新

改善:

  • 新しいチャートが利用可能になり、レンダリングパフォーマンスが向上し、美しい色とインタラクティブ性が向上しました。 Databricks の新しいグラフの視覚化 を参照してください。

  • クエリー Profile のグラフ ビューで、クエリー プランに結合を含む任意のノードの結合タイプを表示できるようになりました。

  • Data Explorer は、データ オブジェクトだけでなく、Unity Catalog 内のすべてのセキュリティ保護可能なオブジェクトを操作するために使用できるという事実を認識するために、カタログ エクスプローラーに名前が変更されました。 「カタログエクスプローラとは」を参照してください。

2023 年8月31日

新機能:

2023 年8月24日

改善:

  • オートコンプリートは、スペースバーを押した後、推奨事項の提案を停止します。

  • スキーマブラウザは、 live Delta Live Tables 壊れたテーブルとして認識しなくなりました。

2023 年8月16日

改善:

  • SQL エディターの [カタログ] ドロップダウンは、タブを切り替えると閉じるようになりました。 以前は、タブを切り替えると、ドロップダウンは開いたままでした。

2023 年8月10日

改善:

  • オートコンプリートで、 Unity Catalog タグを設定するための新しい構文がサポートされるようになりました。 コマンドに関する情報については、「 SQL 言語リファレンス」を参照してください。

2023 年8月3日

改善:

  • 基盤となる Monaco エディターでバージョン 37.1 が使用されるようになりました。

  • SHOW ARCHIVED FILES FOR Delta コマンドのオートコンプリートのサポート。

2023 年7月27日

改善:

  • SQL エディターは Windows 改行文字と互換性があり、クエリーの書式設定がすべてのケースで期待どおりに機能するようになりました。

  • クエリー プロファイル ナビゲーションは、ノートブックの結果から開くことができます。 クエリーの場合は、SQLウェアハウスを使用してクエリーを実行します。

2023 年7月20日

Databricks SQL バージョン 2023.35 が利用可能

ロールアウト スケジュール

  • 2023.35 のプレビュー ロールアウト: 2023/07/18から2023/07/24 まで

  • 2023.35 の現在のロールアウト: 2023/07/31 から 2023/08/08 まで

2023.35の変更点:

  • Unity Catalogの浅いクローンを使用した VACUUM の信頼性が向上しました。

  • SQL での Python UDF のサポート。

  • Delta Lake UniForm for Iceberg はパブリック プレビュー段階です。

  • Delta Lake リキッドクラスタリングはパブリック プレビュー段階です。

  • Delta Lakeのアーカイブサポート。

  • 識別子句のサポート。

  • Python および Pandas ユーザー定義関数 (UDF) のサポートUnity Catalog 。

改善:

  • カタログ エクスプローラーのテーブルの人気度は、すべての Unity Catalog ユーザーが使用できます。

2023年7月13

改善:

  • Unity Catalog ユーザーは、頻繁に結合されるテーブル、特定のテーブルの頻繁なユーザー、頻繁に使用されるノートブックとダッシュボードなど、カタログエクスプローラーで追加のテーブル知見を表示できるようになりました。

2023年6月22

パブリック プレビュー:

  • Databricks SQL では、モデル サービス エンドポイントでホストされる大規模な言語モデル (LLM) がサポートされるようになりました。 ai_query() 電話してLLMにアクセスしてください。この関数は、Databricks SQL Pro およびサーバレスのパブリック プレビューでのみ使用できます。 パブリック プレビューに参加するには、 AI関数パブリックプレビュー登録フォームを送信します。

2023 年6月15日

新機能:

  • ワークフローの SQL タスクが一般公開されました。 クエリ、ダッシュボード、アラートは、[ワークフロー] ページからオーケストレーションできます。 タスクタイプのオプションを参照してください。

  • 新しいスキーマ ブラウザーがパブリック プレビュー段階になり、更新された UX、[ おすすめ ] タブ、および改善されたフィルターが特徴です。 スキーマ ブラウザーは、Databricks SQL、カタログ エクスプローラー、ノートブックで使用できます。 「データの参照」を参照してください。

2023年6月8

DBSQL バージョン 2023.30 が利用可能

2023.30の変更点

  • 新しい SQL 組み込み関数 ( array_prepend(array, elem)try_aes_decrypt(expr, key [, mode [, padding]])sql_keywords() など)。

  • 浅い複製を使用して、既存の Unity Catalog マネージド テーブルから新しい Unity Catalog マネージド テーブルを作成できるようになりました。 「 Unity Catalog テーブルの浅い複製」を参照してください。

  • intlong、および string型の切り捨てられた列にパーティションが定義されている Iceberg テーブルで CLONECONVERT TO DELTA を使用できるようになりました。decimal 型の切り捨て列はサポートされていません。

  • START VERSIONALTER SHAREで非推奨になりました。

ユーザー インターフェイスの更新

修理する:

  • カウンター ビジュアライゼーションで、ビッグ整数を使用する際の書式設定がサポートされるようになりました。

2023年6月1

改善:

  • バイナリ データは、Arrow 形式を使用するときに 16 進文字列としてレンダリングされるようになりました。

  • SQL ステートメント API では、 EXTERNAL_LINKS 処理で CSV 形式がサポートされるようになりました。 これにより、クライアントは署名付き URL を使用して最大 100 GiB のデータを CSV 形式で抽出できますが、JSON の INLINE 制限は 16 MiB です。

  • Databricks SQL Pro は、すべてのリージョンで利用できます。 これで、SQL Pro が UI のデフォルト ウェアハウスになりました。 API デフォルトは Classic のままです。

2023 年5月29日

新機能:

2023 年5月25日

改善:

  • オートコンプリートの結果パネルを切り替えられるようになりました。

  • Enter キーを無効にして、オートコンプリート候補を受け入れないようにします。[DBSQL ユーザー設定] で、[エディターの設定]、[新しいエディターの設定] の順にクリックします。 *Enterキーはオートコンプリートの提案を受け入れる*をオフにします。

修正:

  • 並べ替えられたテーブルヘッダーに色が追加されました。

  • グラフの線が正しくレンダリングされるようになりました。

2023 年5月18日

改善:

  • SQL ステートメント API では、 EXTERNAL_LINKS 処理で JSON_ARRAY 形式がサポートされるようになりました。 署名付き URL を使用して、JSON 形式で最大 100 GiB のデータを抽出できます。 JSON の INLINE 制限は 16 MiB です。

2023 年5月11日

新機能:

  • スキーマ ブラウザがカタログ エクスプローラで一般公開されました。

改善:

  • ホバー テーブルの詳細パネルの表示は、感度が低くなります。

  • エスケープ キーはオートコンプリートパネルを閉じるようになりました。

  • ビュー定義の [カタログ エクスプローラの詳細] タブで構文が強調表示されるようになりました。

修正:

  • ピボットテーブルが Windows デバイスで正しくレンダリングされるようになりました。

  • 補完候補は、最初のキーワードの大文字と小文字に正しく従うようになりました。

2023年5月4

Databricks SQL バージョン 2023.26 が利用可能

ロールアウトスケジュール

  • 2023.26 のプレビュー ロールアウト: 2023年4月19日から2023年4月25日まで

  • 2023.26 の現在のロールアウト: 2023年5月3日から2023年5月10日まで

2023.26の変更点

  • Photonは、クエリーの計画と実行の間にファイルが変更された場合、エラーを返します。

  • 予測 I/O 機能の新機能と拡張サポート。 「 Databricks Runtime 13.0 (サポート対象外)」を参照してください。

  • Databricks コネクタを使用して、別の Databricks ワークスペースに接続します。

  • CREATE TABLE LIKE Delta テーブルの機能。

  • ファイルブロックの開始と長さを示す新しいメタデータ列フィールド。

  • 新しい H3 地理空間関数。 H3 地理空間関数を参照してください。

  • 新しい SQL 組み込み関数。 「 Databricks Runtime 13.0 (サポート対象外)」を参照してください。

ユーザー インターフェイスの更新

改善:

  • 管理者は、ユーザー インターフェースまたはAPIを使用して、ウェアハウスの所有者を変更できます。 「SQL ウェアハウスの管理」を参照してください。

  • カタログエクスプローラーのユーザーリストに、 Unity Catalogのアセットのユーザーリストにアカウント サービスプリンシパルが表示されるようになりました。 たとえば、アカウント サービスプリンシパルは、カタログ エクスプローラで権限を編集したり、所有者を変更したりするときに表示されます。

  • カスタム グラフ ラベルは、データセット内の任意の列を参照する機能をサポートします。

  • ダッシュボード フィルターは、カタログまたはスキーマ情報を持たないクエリーを使用している場合でも、列名を読み込むようになりました。

2023 年4月27日

改善:

  • SQL エディターは、より信頼性の高い編集エクスペリエンスのために Monaco エディターに依存するようになりました。

  • SQL履歴リストページ(クエリー)にデュボアデザインシステムが含まれるようになりました。

2023 年4月20日

改善:

  • 64k を超える結果を集計できる新しいピボットテーブルが導入されました。

  • Databricks SQL テーブルと視覚化で、BigInt、38 ビット 10 進数、および UTF-8 以外の文字がサポートされるようになりました。 数値の場合、デフォルト設定はユーザー定義の数字の精度になりました。

  • オートコンプリートでは、 Databricks Runtime 12.0 以降の Unity Catalog 系列データを利用して、 Unity Catalog テーブルの過去の結合が頻繁に提案されるようになりました。

2023年4月13

新機能:

  • TIMESTAMP_NTZ 型は、年、月、日、時、分、および秒のフィールドで構成される値を表します。すべての操作は、タイムゾーンに関係なく実行されます。 TIMESTAMP_NTZタイプを参照してください。

改善:

  • ユーザーは、カスタムアラートメッセージで QUERY_RESULT_TABLE タグを使用して、アラート内でフォーマットされた結果を送信できるようになりました。

  • ユーザーは、カタログ エクスプローラーで Unity Catalog テーブルのファイル データ サイズを表示できるようになりました。

2023年4月6

Databricks SQL バージョン2023.20が利用可能

ロールアウトスケジュール

  • 2023.20 のプレビュー ロールアウト: 2023/03/15 から 2023/03/23 まで

  • 2023.20 の現在のロールアウト: 2023/03/27 から 2023/04/03 まで

2023.20の変更点

  • Delta Lake スキーマ進化では、merge ステートメントでのソース列の指定がサポートされています。

  • array_compactを使用して配列からすべての NULL 要素を削除します。

  • 配列に要素を追加するには、 array_append を使用します。

  • 機密性の高い文字列値を匿名化するには、 mask 関数を使用します。

  • 一般的なエラー条件 が SQLSTATE を返すようになりました。

  • クエリの通常の FROM 句でテーブル値ジェネレーター関数を呼び出します。

  • from_protobuf 関数と to_protobuf 関数を使用して、バイナリ型と構造体型の間でデータを交換します。プロトコルバッファの読み取りと書き込みを参照してください。

  • updatedelete、および merge コマンドに関連する空のトランザクションの Delta コミット動作の一貫性が向上しました。

  • 動作の変更

    • 横方向の列のエイリアス機能では、名前解決中の動作が変更されています。 動作の変更を参照してください。

ユーザー インターフェイスの更新

改善:

  • カタログ エクスプローラで Hive metastore 削除がサポートされるようになりました。

  • ビジュアライゼーション エディターの初期状態のメッセージが [必須の列がありません ] から [データなし] に変更されました。

2023 年4月3日

新機能:

2023年3月30

改善:

  • ウェアハウス モニタリング ページで、選択した時間範囲のクエリ履歴をスケーリング チャートとともに表示できるようになりました。 また、現在実行中およびキューに入れられているクエリ、アクティブな SQL セッション、ウェアハウスのステータス、および現在のクラスター数を表示することもできます。 「SQL ウェアハウスの監視」を参照してください。

  • マップクラスターは、マーカーマップのデフォルトでオフになりました。

  • ビジュアライゼーションの制限捨てとレンダリング制限のためのツールチップが追加されました。

修正:

  • グラフは、軸値の並べ替えが無効になっていて、グラフに列でグループ化されている場合に、元の順序に従うようになりました。

2023 年3月23日

改善:

  • ビジュアライゼーションで週ごとの時間ビン分割がサポートされるようになりました。

  • Total 100 X 100 セルを超えるすべてのデータが最大 64 KB で計算され、ノートブックのピボット テーブルが表示されるようになりました。

  • ユーザーは、新しいノートブックのピボットテーブルのセル値を書式設定できるようになりました。

  • ファイル、クエリー、および Feature Store 系列を使用できます。

2023 年3月16日

改善:

  • GROUP BY ALL 構文のサポート。

2023年3月9

新機能:

  • Databricks SQL ステートメント実行 API がパブリック プレビューで利用できるようになりました。 ステートメントの実行は、Databricks SQLウェアハウスで SQL ステートメントを実行しているエンドポイントを提供します。 また、ステータスの確認、結果のフェッチ、実行中の SQL ステートメントのキャンセルを行うこともできます。

改善:

  • SQL 管理コンソールは、一般的な管理設定と統合され、管理ユーザー向けに統一されたエクスペリエンスを実現します。 すべての SQL 管理設定に管理コンソールからアクセスできるようになりました。

  • アラート通知先は、通知先と呼ばれるようになりました。

修正:

  • 表に 2 つのスクロールバーが表示されなくなりました。

  • 空白のウィジェットタイトルがダッシュボードで上書きされなくなりました。

2023年3月2

修理する:

  • テーブルで相対 URL を使用してダッシュボードにアクセスできるようになりました。

2023年2 月23日

改善:

  • TINYINT がノートブックの結果テーブルでサポートされるようになりました。

修理する:

  • ダッシュボードの作成フィルターモーダルをスクロールするとエラーが発生するバグを修正しました。

2023 年2月16日

改善:

  • グラフのデータラベルには、説明が切り捨てられるのを避けるために、より多くの文字が表示されるようになりました。

  • オートコンプリートは、 range() および Python UDF create 関数を認識するようになりました。

  • オートコンプリートにより、小数やコードコメント内でスニペットを開始する必要がなくなりました。

修正:

  • ユーザーはマップを拡大できるようになりました。

  • ノートブックで、色がグラフに正しく割り当てられるようになりました。

2023年2月2

改善:

  • エディターでの DESCRIBE DETAILS のサポート。

  • スキーマブラウザの読み込み速度が向上しました。

  • SELECT *のサイドパネルで可能な列のリストを表示できるようになりました。

2023年1 月26日

改善:

  • クエリーのエラー メッセージに、エラーを説明する関連ドキュメント トピックへのリンクが含まれるようになりました。

2023 年1月19日

改善:

  • これで、主要な機能強化を強調する [ 新機能 ] パネルが表示されます。 このパネルは、ギフトアイコンをクリックして開閉できます。

  • 管理者は、SQLウェアハウスの所有権を変更できるようになりました。

  • [フィルター の追加] をクリックし、フィルターするクエリーと列を選択することで、ダッシュボード内の複数のビジュアリゼーション>フィルター処理できるようになりました。

2023年1 月12日

改善:

  • ダッシュボードのビジュアライゼーション ウィジェットのタイトルが、デフォルトで [ビジュアリゼーション名 - クエリー名 ] として書式設定されるようになりました。

  • インラインパネル参照にH3地理空間関数を追加しました。

  • CREATE TABLEOVERなどの SQL 構文のインライン参照を追加しました。

修正:

  • 並べ替えと逆方向の切り替えは、X 軸スケールが自動に設定されている場合に使用できるようになりました。

  • ヒートマップとピボットテーブルは、特定のエッジケースに対応できるようになりました。

  • カテゴリの Y 軸目盛りがデフォルトで並べ替えられるようになりました。

  • クエリーの下書きは、ブラウザの更新後に失われなくなりました。

2022年12月8

  • Databricks SQL アラートで、クエリの結果列 ( SUMCOUNTAVGなどのクエリ結果列の集計に関するアラートがサポートされるようになりました。

  • ダッシュボードで新しいウィジェットを作成するときのデフォルトのビジュアライゼーションタイトルが「ビジュアライゼーション名 - クエリ名」になりました。

2022 年11月17日

アラート:

  • Chatworks、Mattermost、Google Hangouts Chat は通知の宛先ではなくなりました。

改善:

  • Y 軸に、パーセント値を確認するときに数値がパーセンテージで表示されるようになりました。

  • アップロード データ UI を無効にするワークスペース管理者設定が、新しいアップロード データ UIに適用されるようになりました。 この設定は、データサイエンス & エンジニアリング、 Databricks Machine Learning 、およびDatabricks SQLペルソナに適用されます。

修正:

  • Databricks SQL アラートで、null 値との比較が正しく評価されない問題を修正しました。

  • ピボットテーブルのスクロールバーが消える問題を修正しました。

  • スキーマブラウザがオーバーフローしたタブでサイズを変更できない問題を修正しました。

2022年11月10

改善:

  • 複数のクエリーで同時に機能するダッシュボードフィルターを作成できるようになりました。 ダッシュボードの編集モードで、[追加 ]、[フィルター]、[新しいダッシュボードフィルター] の順に選択します。

  • オートコンプリートで CREATE MATERIALIZED VIEWがサポートされるようになりました。

修理する:

  • ダッシュボードのページングされた一連の結果の最後までスクロールするとエラーが送信される問題を修正しました。

  • 積み上げ横棒グラフから折れ線グラフに切り替えても積み上げプロパティが保持される問題を修正しました。

  • 重複するフェッチ呼び出しを修正しました。

2022 年11月3日

改善:

  • Databricks SQL でアクセスを要求するときに、既定のアクセス許可が "実行可能" になりました。

修正:

  • クエリーとダッシュボード API を使用した created_at による並べ替えで、正しい並べ替え順序が返されない問題を修正しました。

  • HTML 形式の URL を含む列の列幅が広すぎる問題を修正しました。

  • キーワード WHERE 強調表示されない問題を修正しました。

2022年10 月27日

改善:

  • クエリ結果を Excel にダウンロードできる行数の制限が、64,000 行から 100,000 行に引き上げられました。 CSV と TSV のダウンロード制限は変更されません (約 1 GB のデータ)。

  • オートコンプリートで、 LIST 構文、URL、および資格情報がサポートされるようになりました。

  • 統合および最新の Fix-me 提案パネル。

修正:

  • エディターの警告バナーがフルハイトのビジュアライゼーションと重なる問題を修正しました。

  • テーブルの列を移動したときにテーブルの列幅が保持されない問題を修正しました。

  • SQL エディターからビジュアライゼーションが追加された場合、ポップアップ通知のダッシュボードへのリンクが壊れる問題を修正しました。

2022年10 月20日

改善:

  • これで、フッターにクエリーの進行状況バーが表示され、ケバブメニューにビジュアライゼーションの編集アクションが表示されます。

  • オートコンプリートは Delta タイムトラベルをサポートし、外部キーを定義するときに列のオートコンプリートを提供するようになりました。

修理する:

  • ダッシュボードに複数のビジュアライゼーションをすばやく連続して追加すると、ビジュアライゼーションがダッシュボードに表示されない問題を修正しました。

2022年10月13

改善:

  • 報告されたエラーメッセージを削除できるようになりました。

  • COMMENT ON 命令がエディタでサポートされるようになりました。

  • Cmd+ P または Ctr+P (PC の場合) を トップ検索のショートカットとして使用できるようになりました。パラメーターの追加 には 、Cmd+I または Ctr+I(PC の場合) を使用します。

2022年10月11

改善:

2022年10月6

改善:

  • EXTERNAL は予約済みテーブル プロパティになりました。 コマンド CREATE TABLE ... TBLPROPERTIESALTER TABLE ... SET TBLPROPERTIES は、プロパティで EXTERNAL が指定されている場合に失敗します。

  • format_string(strfmt, obj, ...)printf(strfmt, obj, ...)strfmt では、最初の引数として 0$ を使用することはサポートされなくなりました。引数インデックスを使用して引数リスト内の引数の位置を示す場合は、最初の引数を 1$ が参照する必要があります。

  • 円グラフのセグメントに、さまざまなセグメントを描画するための細い境界線が追加されました。

  • Cmd+I (Mac の場合) または Ctr+I (PC の場合) を [パラメーターの追加] のショートカットとして使用できるようになりました。グローバル検索 のショートカットとして Cmd+P または Ctr+P(PC の場合) を使用します。

  • フィードバックボタンは、クエリーエラーメッセージの良し悪しに使用できます。

  • 修正 の提案が クイック修正として利用可能になりました。

修正:

  • lpad および rpad 関数は、 BINARY 文字列入力で正しく動作するようになりました。 BINARY 文字列入力の lpadrpad の出力は、 BINARY 文字列になりました。

  • 手動アラート更新が機能しない問題を修正しました。

  • 自動カウンター サイジングの変更をロールバックして、書式設定の問題を修正しました。

2022 年9月29日

改善:

  • Databricks SQL クエリー、アラート、およびダッシュボードへのアクセスを、それらの資産の所有者に要求できるようになりました。

  • クエリ履歴ページで、クエリー期間とステートメントタイプでフィルタリングできるようになりました。

    • クエリー期間フィルターを使用するには、時間を入力し、時間単位を選択します。 履歴の結果は、指定された時間より長く実行されたクエリーを返します。

    • ステートメントタイプフィルタを使用するには、ドロップダウンからステートメントタイプを選択します。 履歴の結果は、そのステートメントを含むクエリーを返します。

修理する:

  • サポートされているすべての HTML タグがカスタムアラートテンプレートで機能しない問題を修正しました。 すべてのタグは、文書化されたとおりに使用できます。

  • ビジュアライゼーション 通知がトーストする問題を修正しました。たとえば、ダブルクリックしてビジュアライゼーションをズームアウトすることは、以前は表示されていませんでした。

  • グラフの軸を入れ替えてもグラフ名に反映されない問題を修正しました。

2022年9月22

改善:

  • 同じサイズのカウンターウィジェットは、ダッシュボードに複数のカウンターウィジェットが表示される場合、同じフォントサイズになります。

  • 組み合わせグラフを更新し、二重軸を使用する場合、同じグラフの種類 (折れ線、棒など) のみを同じ軸で使用できるようになりました。 系列エイリアスも軸に適用されます。

  • 代理キーと LIST 操作のオートコンプリートのサポートが追加されました。

修理する:

  • テキスト パラメーターが有効な値として Null を受け入れない問題を修正しました。

2022 年9月15日

修理する:

  • SQLウェアハウス リスト ページからクエリ履歴を表示できない問題を修正しました。

2022年9月8

改善:

  • DSE/SQLホームページに新しい「オープンソース統合」カードを導入し、 Delta Live Tables やdbtコアなどのオープンソース統合オプションを表示します。

修理する:

  • パラメーターのドロップダウン メニューが [視覚化] タブによってブロックされる問題を修正しました。

2022 年9月1日

改善:

  • パラメーターとフィルターを追加するための新しい簡略化された UI を導入します。 <button></button> + を選択し、フィルターまたはパラメーターの追加を選択します。

  • 'OVER()' などの SQL トークンの括弧がオートコンプリートされるようになりました。

修正:

  • ダッシュボードを全画面で表示するとカラーパレットが無視される問題を修正しました。

  • すばやく入力してから [実行 ] ショートカットを使用すると、新しく入力したクエリー テキストではなく、前のクエリー テキストが実行される問題を修正しました。

  • キーボード コマンドを使用して ctrl+Enter キークエリを実行すると、クエリーが重複して送信される問題を修正しました。

2022年8月25

修理する:

  • クエリー パラメーターが変更されたときにダッシュボード フィルターが更新されない問題を修正しました。

2022 年8月18日

  • ドキュメント: アラート API のドキュメントがリリースされました。

  • ビジュアライゼーション: ユーザーは日付フィルターのデフォルト値を設定できるようになりました。 クエリーまたはダッシュボードでフィルターが更新されるたびに、既定値が適用されます。

  • 修正:

    • ダッシュボードがまだリロードされている場合に適用の変更が機能しない問題を修正しました。

    • クエリーが結果を返さないときに列が狭すぎる問題を修正しました。

2022 年8月11日

改善:

  • ユーザーは、更新が失敗したときに Email を受信できます。 このような通知を有効にするには、管理コンソールの [SQL 設定 ] タブに移動します。 [失敗メール] で、失敗通知を受信するオブジェクトのタイプ (クエリー、ダッシュボード、またはアラート) を選択します。失敗レポートは毎時送信されます。

  • 視覚 エフェクト

    • ビジュアライゼーションとダッシュボード用の新しい最新のカラーパレットを導入しました。 ダッシュボードを新しいカラー パレットに変更するには、ダッシュボードに移動し、 <button></button> <button>編集</button> -> 色 -> <button></button> インポート をクリックし、 Databricks カラー パレット を選択します。SQL 管理者は、 <button>設定</button> -> <button>QL 管理コンソール</button> -> <button>ワークスペースの色 -></button> インポート<button></button> に移動して、新しいパレットを選択することで、新しいカラー パレットをワークスペースの既定のオプションとして設定することもできます。

修正:

  • 以前に <button>変更の適用</button> を選択してフィルターを適用すると、クエリーが既に実行されている場合に機能しない問題を修正しました。

2022年8月4

改善:

  • ダッシュボードのクローン作成時に、クエリーもクローンするかどうかのオプションが追加されました。

  • タブの内容は、ブラウザーのタブ間で同期されます。 これで、クエリの状態がすべてのブラウザタブで同期されます。 つまり、ブラウザー タブ 1 で query1 を操作していて、ブラウザー タブ 2 に切り替えると、元のブラウザー タブでは query1 がそのままの状態で表示されます。

修理する:

  • 円グラフの空の文字列のラベルは、値のインデックスではなく、文字列が空であることを反映するようになりました。

2022 年7月28日

  • アラート

    • カスタムアラートEメールテンプレートが更新され、セキュリティリスクをもたらす可能性のある特定のHTMLタグが許可されなくなりました。 許可されていない HTML タグと属性は自動的にサニタイズされます。 たとえば、<button> は許可されていない HTML タグであるため、ボタンをレンダリングする代わりに、"button" というテキストが表示されます。 許可される HTML タグと属性のリストについては、「 アラート 」を参照してください。

    • ユーザーは、管理者権限を必要とする通知先を作成しなくても、他のユーザーをアラートにサブスクライブできるようになりました。

  • ダウンロード: ユーザーは、以前の 64,000 行から最大 1 GB の結果データを CSV および TSV 形式で Databricks SQL からダウンロードできるようになりました。

  • 視覚 エフェクト

    • ダッシュボードでビジュアライゼーションを直接編集できるようになりました。 編集モードで、ケバブ メニューをクリックし、[ ビジュアライゼーションの編集 ] を選択してビジュアライゼーションの編集を開始します。

    • 集計を利用してビジュアリゼーションに関連付けられた結果をダウンロードすると、ダウンロードされた結果も集計されます。 ダウンロードするオプションは、下のケバブからタブに関連付けられているケバブに移動しています。 ダウンロードされた結果は、ビジュアライゼーションを作成したクエリーの最新の実行からのものです。

  • SQL エディター: ブラウザー内テーブルに表示されるデータが 64,000 行に制限されている場合に、結果テーブルにメッセージが表示されるようになりました。 TSVとCSVのダウンロードは、最大約1GBのデータです。

  • クエリー フィルター:

    • クエリー フィルター は、パフォーマンスを最適化するために、クライアント側またはサーバー側で動的に機能するように更新されました。 以前のクエリー フィルター (現在はレガシ) はクライアント側でのみ動作していました。 ユーザーは、必要に応じて、 :: 構文でレガシ フィルターを引き続き使用できます。

    • 更新されたフィルターはより単純です: ユーザーは [+ フィルターの追加 ] ボタンをクリックし、ドロップダウンから列を選択します。 以前は、ユーザーはクエリー テキストを直接変更する必要がありました。

    • 関連する値が強調表示され、フィルター内のどの選択が他のフィルター選択で結果を返すかを簡単に確認できます。

  • クエリー履歴: クエリー履歴のクエリー詳細に、実行されたクエリーの元であるクエリーソースが表示されるようになりました。

2022 年7月21日

  • 共有時の通知: ダッシュボード、クエリー、またはアラートがユーザーと共有されるたびに、Eメールでユーザーに通知されるようになりました。

  • 新しい組み込みエディターツールキットによる強化されたSQLエディターエクスペリエンス

    • ライブ構文エラーの強調表示 (たとえば、間違ったキーワード、テーブルが存在しない、エラーを修正するための提案)

    • コンテキストヘルプ:ホバー時(たとえば、完全なテーブル名、詳細な関数パネル)およびインライン実行エラーメッセージ(たとえば、実行後のエラーで行を強調表示)

    • 提案のインテリジェントなランク付け (パラメーターのオートコンプリート、ランク付け式、ノイズの少ないマッチングなど)

2022 年7月14日

  • CSV ファイルに加えて、 Create Table UI を使用して TSV ファイルをアップロードできるようになりました。

  • Databricks SQL では、ダッシュボード、クエリー、またはアラートがユーザーと共有されるたびに Email によってユーザーに通知するオプションが提供されるようになりました。

  • ビジュアライゼーション テーブルには、オプションで結果の横に表示される行番号が含まれるようになりました。

  • クロロプレス ビジュアライゼーションの地理的地域を選択すると、受け入れられる値のインライン ヒントが表示されるようになりました。

2022 年6月23日

  • SQLエンドポイント名の変更: Databricks は、SQL コマンドを実行するための単なる API エントリ ポイントではないため、名前を SQLエンドポイント から SQLウェアハウスに変更しました。 SQLウェアハウスは、Databricksプラットフォームの不可欠な部分である、すべてのデータウェアハウジングのニーズに対応する計算リソースです。 コンピュートリソースは、クラウド上で処理機能を提供するインフラストラクチャリソースです。

  • コロプレス ビジュアリゼーションの場合、ビジュアリゼーション エディターの [キー列] と [ターゲット フィールド] の選択の名前が [地理的列] と [地理タイプ] に変更されました。 わかりやすくするためにこの名前を変更しても、新規または既存のコロプレスの動作の変更は導入されません。

  • limit 1000 クエリー オプションは、SQL クエリー エディターのチェック ボックスから実行ボタンのチェック ボックスに移動しました。

  • クエリー履歴テーブルにキャッシュされたクエリーに、Cacheタグを付けるようになりました。

  • ダッシュボードを手動で更新すると、個々のクエリのウェアハウスではなく、ダッシュボードのウェアハウス (使用可能な場合) が使用されます。

  • アラートを更新すると、[閲覧者/所有者として実行] 設定に関係なく、常にアラートのウェアハウスが使用されます。

2022年6月9

  • エンドポイントセレクターにカーソルを合わせると、完全なエンドポイント名がツールチップとして表示されます。

  • SQL エディターのスキーマ ブラウザーでフィルター処理すると、検索結果で検索語句が強調表示されるようになりました。

  • SQL エディターの [すべて閉じる] ダイアログ ボックスに、未保存のクエリーの一覧が表示されるようになりました。

  • SQL エディターで最後に閉じたタブを再度開くには、この新しいキーボード ショートカットを使用します。 <Cmd> + <Shift> + <Option> + T

  • 複合グラフにデータ ラベルを追加できるようになりました。

  • 視覚化集計操作のリストに、分散と標準偏差が含まれるようになりました。

2022 年5月26日

オーサリングの改善:

  • ビジュアライゼーションを作成するときに集計をバイパスできるようになりました。 これは、クエリーに既に集計が含まれている場合に特に便利です。 たとえば、クエリが SELECT AVG(price_per_sqft), isStudio, location GROUP BY location, isStudioの場合、以前はチャートエディタで別の集計レイヤーを明示的に指定する必要がありました。

  • ダッシュボードを作成するときに、次のことができるようになります。

    • テキストボックスウィジェットの複製

    • 編集テキストボックスパネルのサイズを拡大する

  • ビジュアライゼーションを作成するときのエラー列のデフォルトの集計は標準偏差です。

修正:

  • ビジュアリゼーションの編集アクションは、ダッシュボードが編集モードの場合にのみ使用できます。 編集アクションは、表示モード アクションとして使用できなくなりました。

  • 新しいクエリーを作成すると、リストの末尾ではなく、フォーカスのあるタブのすぐ右側のタブで開きます。

  • open クエリー モーダルは、どのクエリーが既に開いているかを示し、そのクエリー タブにフォーカスを切り替えるオプションを提供します。

  • Sankey & Sunburst チャートでは、0 は null として扱われなくなりました。

2022年5月19

  • 修正された問題: 特定の視覚化タブで SQL エディターのフォーカスを開いていて、リンクを別のユーザーと共有すると、ユーザーが共有リンクをクリックすると、SQL エディターで同じフォーカスが設定されます。

  • 改善:

    • Microsoft Teams が通知先としてサポートされるようになりました。

    • [日付範囲]、[日付と時刻の範囲]、および [日付と時刻の範囲 (秒単位)] パラメーターで、日曜日をデフォルトとして週の開始曜日を指定するオプションがサポートされるようになりました。

2022年5月12

  • ビジュアライゼーションで、UI で直接時間ビン分割がサポートされるようになりました。 クエリー テキスト自体に date_trunc() 関数を追加および変更するのではなく、ドロップダウン値を変更することで、データの年単位、月単位、日単位、または時間単位のビンを簡単に切り替えることができるようになりました。

  • ダッシュボードの色の一貫性がデフォルトで設定されるようになりました。 複数のグラフに同じ系列がある場合、系列は常にすべてのグラフで同じ色になり、手動で構成する必要はありません。

2022年5月3

  • ダッシュボードをユーザーまたはグループと共有するときに、ビジュアライゼーションとパラメーターで使用されるすべてのアップストリーム クエリーを共有する機能も提供されるようになりました。

    • 1 つ以上のアップストリームクエリーを共有する権限がない場合は、すべてのクエリーを共有できないという警告メッセージが表示されます。

    • ダッシュボードの共有時に付与されるアクセス許可は、アップストリーム クエリの既存のアクセス許可をオーバーライドしたり、否定したり、拡張したりすることはありません。 たとえば、ユーザーまたはグループが共有ダッシュボードに対して所有者として 実行可能権限を持っているが、上流クエリに対しては閲覧者として実行権限しかない場合、その上流クエリに対する有効な権限は閲覧者として実行になります。

2022 年4月27日

  • ダッシュボードのレイアウトは、オンデマンドでPDFにエクスポートし、スケジュールされたサブスクリプションEメールを生成するときに保持されるようになりました。

2022年4月25日

  • Databricks SQL が Google クラウド プラットフォームでパブリック プレビューで利用できるようになりました。

既知の問題

  • マルチクラスター負荷分散 SQLエンドポイントの Delta Lake 以外の Data からの読み取りは、一貫性がなくなる可能性があります。

  • Databricks SQL でアクセスされるDelta テーブルは、そのスキーマとテーブルのプロパティを構成されたメタストアにアップロードします。外部メタストアを使用している場合は、メタストアで Delta Lake 情報を確認できます。 Delta Lake は、ベストエフォート方式でこの情報を可能な限り最新の状態に保つよう努めています。 DESCRIBE <table> コマンドを使用して、メタストア内の情報が更新されるようにすることもできます。

  • Databricks SQL では、セッション タイム ゾーンとして "GMT+8" などのゾーン オフセットはサポートされていません。 回避策は、地域ベースのタイムゾーンを使用することです https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_tz_database_time_zones) 代わりに 'etc / GMT + 8'のように。 タイムゾーンの設定の詳細については、「 タイムゾーンの設定 」を参照してください。

よくある質問(FAQ)

Databricks SQL ワークロードはどのように課金されますか?

Databricks SQL ワークロードは、 Premium ジョブ コンピュート SKU に従って課金されます。

SQLどこで実行されますか?

Databricks クラスターと同様に、SQLエンドポイントは Google クラウド アカウントで作成および管理されます。 SQLエンドポイント SQL 最適化クラスターをアカウントで自動的に管理し、エンドユーザーの需要に合わせてスケーリングします。

クラウド プロバイダーの資格情報を使用してデータにアクセスする権限が付与されています。Databricks SQL でこのデータにアクセスできないのはなぜですか?

Databricks SQL では、データへのすべてのアクセスはデータ アクセス制御の対象であり、管理者またはデータ所有者は最初に適切な 特権を付与する必要があります。