Databricks SQL コンセプト

この記事では、Databricks SQL を効果的に使用するために理解しておく必要がある一連の基本的な概念を紹介します。

インターフェイス

このセクションでは、Databricks SQL アセットにアクセスするために Databricks がサポートするインターフェイス (UI と API) について説明します。

UI: ワークスペース ブラウザー、ダッシュボードとクエリー、SQLウェアハウス、クエリー履歴、アラートへのグラフィカル インターフェイス。

REST API (英語) Databricks SQL オブジェクトのタスクを自動化できるインターフェイス。

データマネジメント

視覚化: クエリーを実行した結果をグラフィカルに表示します。

ダッシュボード: クエリーの視覚化と解説のプレゼンテーション。

アラート: クエリーによって返されたフィールドがしきい値に達したことを示す通知。

計算管理

このセクションでは、Databricks SQL で SQL クエリーを実行するために知っておく必要がある概念について説明します。

クエリー: 有効な SQL ステートメント。

SQLウェアハウス: SQL クエリを実行するコンピュート リソース。

クエリ履歴: 実行されたクエリとそのパフォーマンス特性の一覧。

認証と承認

このセクションでは、Databricks SQL のユーザーとグループ、および資産へのアクセスを管理するときに知っておく必要がある概念について説明します。

ユーザーとグループ: ユーザーは、システムにアクセスできる固有の個人です。 グループはユーザーの集合です。

Personal アクセストークン: 不透明な文字列は、REST API に対する認証と、 技術パートナー 内のツールによる SQLウェアハウスへの接続に使用されます。

アクセス制御リスト: オブジェクトへのアクセスを必要とするプリンシパルにアタッチされた一連のアクセス許可。 ACL エントリは、オブジェクトと、そのオブジェクトに対して許可されるアクションを指定します。 ACL の各エントリは、プリンシパル、アクションタイプ、およびオブジェクトを指定します。

Unity カタログ: Unity Catalog は、Databricks ワークスペース全体で一元化されたアクセス制御、監査、系列、およびデータディスカバリー機能を提供します。