チュートリアル: サンプル ダッシュボードの使用

このチュートリアルでは、Databricks SQL ダッシュボードのサンプル ギャラリーからサンプル ダッシュボードをインポートして使用する方法について説明します。 これらのダッシュボードは、データから知見を得るために Databricks SQL が提供する豊富な視覚化の一部を示しています。 セットアップは必要ありません。 これらのダッシュボードは、ワークスペースで既に使用可能なデータを使用し、既に構成されているコンピュート リソース (SQLウェアハウスと呼ばれます) に依存します。 開始するために管理者である必要はありません。

ダッシュボード のインポート

  1. サイドバーで、[ダッシュボードアイコン ダッシュボード] をクリックします。

    ワークスペースに保存されたダッシュボードがある場合は、それらが一覧表示されます。

  2. [ サンプル ギャラリーの表示] をクリックします。

ワークスペースの URL に /sql/dashboards/samples/ を追加して、ダッシュボードのサンプル ギャラリーに移動することもできます。

  1. [ 小売収益とサプライ チェーン ] タイルで、[ インポート] をクリックします。 ダッシュボードがワークスペースにインポートされ、自分が所有者になります。

インポートされたダッシュボードが表示され、そのビジュアリゼーションが更新されます。

Import-Retail Revenue & Supply Chainダッシュボード

サンプル ダッシュボードは複数回インポートでき、複数のユーザーがそれぞれインポートできます。 NYC タクシー乗車分析 ダッシュボードをインポートすることもできます。

ビジュアライゼーションのクエリー を調べる

  1. ダッシュボード内の各ビジュアライゼーションは、クエリーの結果です。 インポートしたダッシュボードで、[ 全国収益の傾向 ] ビジュアライゼーションにカーソルを合わせ、コンテキスト メニューをクリックします 垂直省略記号 。 [ クエリーの表示] をクリックします。

全国収益動向コンテキストメニュー

SQL エディターが表示され、ビジュアリゼーションのクエリーが表示されます。

全国収益動向クエリー

サンプル ダッシュボードでは、ワークスペース内のデータとは別の SAMPLES カタログ内のデータを使用します。 SAMPLES カタログはすべてのワークスペースで使用できますが、読み取り専用です。

  1. クエリーの下部にある LIMIT 1000LIMIT 500 に変更して、500 レコードのみを返します。 [ すべて実行 ] をクリックして変更したクエリーを実行し、[ 保存 ] をクリックしてクエリーをダッシュボードに保存します。

インポートしたダッシュボードを変更しても、ダッシュボード サンプル ギャラリーの元のダッシュボードは変更されません。 最初からやり直すには、ダッシュボードを再インポートします。

  1. ブラウザーの [戻る ] ボタンをクリックして、ダッシュボードに戻ります。

ビジュアライゼーション の操作

  1. [価格の優先順位の変化] ビジュアライゼーションにカーソルを合わせます。下部の をクリックして 展開アイコン 、ビジュアライゼーションを展開します。

  2. ビジュアリゼーションの右上にあるボタンを使用して、データを探索します。 ビジュアライゼーションをダウンロード、ズーム、パン、または自動スケールできます。

価格設定優先順位のビジュアライゼーションの拡張シフト
  1. [ 閉じる ] をクリックしてダッシュボードに戻ります。

ダッシュボード を共有する

ダッシュボードを同僚と共有するには:

  1. ページの上部にある [ 共有 ] をクリックします。

  2. ワークスペース内のユーザーまたはグループを選択します。

    ダッシュボードをワークスペース内のすべてのユーザーと共有するには、[ すべてのユーザー] を選択します。

  3. 付与する権限を選択します。

    ダッシュボードのアクセス許可を共有する

    デフォルトにより、ダッシュボード内の6つのクエリーがすべて共有されます。

    [編集可能] の認証情報が [所有者として実行] に設定されている場合、オブジェクトを [編集可能] と共有することはできません。

  4. 共有フォームの下部で、ダッシュボードを閲覧者の認証情報と所有者の認証情報のどちらを使用して実行するかを選択します。

  5. [ 追加] をクリックし、フォームを閉じます。

ダッシュボードの自動更新をスケジュールする

ダッシュボードを一定の間隔で自動的に更新するようにスケジュールできます。

  1. ページの上部にある [スケジュール] をクリックします。

  2. [ スケジュールの追加] をクリックします。

  3. 1 時間ごと 」などの間隔を 5 分後に選択します。

  4. [ その他のオプション ] をクリックして、既定のスケジュール名を変更し、SQLウェアハウスを指定します。 SQLウェアハウスは、Databricks SQL に固有のコンピュート リソースです。 SQLウェアハウスはダッシュボードのクエリーを実行し、ダッシュボードが更新されたときに視覚化を生成します。

    ワークスペース管理者ユーザーは、SQLウェアハウスを作成、構成、および削除できます。

  5. 必要に応じて、[ サブスクライバー] タブで、ダッシュボード スナップショットの更新時にサブスクライバーに送信することを選択できます。

    ワークスペース管理者ユーザーは、通知先を作成、構成、削除できます。 ワークスペースユーザーのEメールアドレスが通知先として自動的に追加されます。

  6. [ スケジュールの作成] をクリックします。

    ダッシュボードはスケジュールに従って更新されます。

  7. ダッシュボードの既存の更新スケジュールを削除するには:

    1. スケジュール (1) をクリックします。

    2. 右側のケバブメニュー 垂直省略記号 をクリックします。

    3. [ 削除 ] をクリックし、[ 削除 ] をクリックして確定します。