Databricks Assistant でビジュアルを作成する

プレビュー

この機能は現在パブリック プレビュー段階です。

ダッシュボードを作成するときに、ユーザーは Databricks Assistant に、以前に定義したダッシュボード データセットからグラフを作成するように指示できます。 新しいグラフを作成する場合は、データから何を学びたいかを尋ねることで作成できます。 アシスタントを使用してグラフを編集することもできます。 チャートを生成した後、構成パネルを使用して、生成されたビジュアリゼーションを操作および編集できます。 ユーザーは、アシスタントによって生成された視覚化を常に確認して、正確性を確認する必要があります。

Databricks Assistant を使用してグラフを作成する例。

プロンプトを使用してビジュアルを生成するにはどうすればよいですか?

以下では、ダッシュボード データセットがすでに定義されている既存のダッシュボードを使用して視覚化を作成する方法について説明します。 新しいダッシュボードを作成する方法については、「 ダッシュボードの作成」を参照してください。

  1. ダッシュボード アイコン ダッシュボード」 をクリックして 、ダッシュボード・リスト・ページを開きます。

  2. ダッシュボードのタイトルをクリックして編集を開始します。

  3. ダッシュボードで定義または使用されているデータセットを確認するには、 [データ]タブをクリックします。

    この例で使用されているデータセットは、サンプルカタログのSQLクエリによって定義されています。
    • グラフを生成するには、このセクションで少なくとも 1 つのデータセットを識別する必要があります。

    • 複数のデータセットが指定されている場合、Databricks Assistant はユーザーの入力に応答する最適なデータセットを見つけようとします。

  4. 視覚化ウィジェットを作成します。

    • アイコンを作成「 ビジュアリゼーションの作成 」をクリックして ビジュアリゼーション・ウィジェットを作成し、マウスを使用してキャンバスに配置します。

  5. 視覚化ウィジェットにプロンプトを入力し、Enter キーを押します。

    • アシスタントは、応答を生成するのに少し時間がかかる場合があります。 チャートが生成されたら、それを [承認] または [拒否 ] することを選択できます。

    • チャートが目的のものでない場合は、[チャートの再生成アイコン 再生成 ] ボタンを使用して入力を再試行します。

    • 入力を編集してから再試行することもできます。 更新されたプロンプトは、以前に生成されたチャートを変更します。

  6. Databricks Assistantまたは構成パネルを使用してグラフを編集できます。 視覚化ウィジェットを選択した状態で、次の操作を行います。

    • [アシスタント ] アイコンをクリックします。Databricksアシスタント入力プロンプトが表示されます。 チャートに新しいプロンプトを入力します。

    • 画面右側の構成パネルを使用して、既存のチャートを調整します。

サポートされている機能

Databricks Assistant は、シンプルなグラフ作成をサポートします。

フィールドと入力の数

最大 3 つのフィールドを比較して、次のような入力に回答できます。

  • 私の製品の平均売上はいくらでしたか?

  • 私の製品の週あたりの平均売上はいくらでしたか?

  • 地域別の製品の平均週当たり売上はいくらでしたか?

ビジュアルの種類

サポートされているビジュアルタイプには、棒グラフ、折れ線グラフ、面グラフ、散布図、円グラフ、カウンターなどがあります。 どのグラフの種類でも、次の設定がサポートされています。

  • X、Y、および Color-by エンコードのフィールドの選択。

  • 使用可能な変換 (SUM や AVG など) を選択する。

並べ替え、タイトル、説明、ラベル、特定の色の選択などの構成設定はサポートされていません。

作成されたビジュアルの精度を高めるためのヒント

  • 具体的に。 グラフの種類と必要なフィールドをできるだけ詳細に指定します。

  • Databricks Assistant はテーブルと列のメタデータにのみアクセスでき、行レベルのデータにはアクセスできません。 そのため、質問がデータ内の特定の値に依存している場合、ビジュアライゼーションが正しく作成されない可能性があります。

Databricks Assistantとは

Databricks Assistant は、ユーザーが Databricks プラットフォームでより効率的に作業できるようにする AI コンパニオンです。 Databricks Assistant を使用した視覚化の作成は、ダッシュボード データセットに関する質問に迅速に回答することを目的としています。 その答えは、テーブルと列のメタデータに基づいています。 ユーザーの質問に関連するメタデータが見つからない場合は、回答を拒否します。 AIは新しいので、間違いが起こる可能性があります。 ビジュアリゼーション・エディターを使用して、適切なフィールドが正しく選択されていることを確認します。