スケジュールされたノートブックジョブ の作成と管理

ノートブック ジョブは、ノートブック UI で直接作成および管理できます。 ノートブックが既に 1 つ以上のジョブに割り当てられている場合は、それらのジョブのスケジュールを作成および管理できます。 ノートブックがジョブに割り当てられていない場合は、ノートブックを実行するジョブとスケジュールを作成できます。

ノートブック ジョブ をスケジュールする

ノートブックジョブを定期的に実行するようにスケジュールするには:

  1. ノートブックで、 ノートブックのスケジュールボタン 右上をクリックします。 このノートブックにジョブが存在しない場合は、[スケジュール] ダイアログが表示されます。

    [ノートブックのスケジュール] ダイアログ

    ノートブックのジョブが既に存在する場合は、[ジョブ リスト] ダイアログが表示されます。 [スケジュール] ダイアログを表示するには、[ スケジュールの追加] をクリックします。

    ジョブリストダイアログ
  2. [スケジュール] ダイアログで、必要に応じてジョブの名前を入力します。 デフォルト名はノートブックの名前です。

  3. 手動でトリガーされた場合にのみジョブを実行するには [手動 ] を選択し、ジョブを実行するスケジュールを定義するには [スケジュール 済み] を選択します。 [ スケジュール済み] を選択した場合は、ドロップダウンを使用して頻度、時刻、およびタイム ゾーンを指定します。

  4. [コンピュート]ドロップダウンで、タスクを実行するコンピュート リソースを選択します。

    ノートブックが SQL ウェアハウスにアタッチされている場合、デフォルトのコンピュートは同じ SQL ウェアハウスです。

    Allow Cluster Creation アクセス許可がある場合、デフォルトまでに、ジョブは新しいジョブ クラスターで実行されます。デフォルトのジョブ・クラスターの構成を編集するには、フィールドの右側にある「 編集 」をクリックして、 クラスター構成ダイアログを表示します。

    クラスター 作成を許可する アクセス許可がない場合は、既定によって、ノートブックがアタッチされているクラスターでジョブが実行されます。 ノートブックがクラスターに接続されていない場合は、[ クラスター ] ドロップダウンからクラスターを選択する必要があります。

  5. 必要に応じて、ジョブに渡す パラメーター を入力します。 「 追加 」をクリックし、各パラメーターのキーと値を指定します。 パラメーターは、パラメーターのキーによって指定された ノートブック ウィジェット の値を設定します。 動的な値参照を使用して、パラメーター値の一部として動 的な値 の限定されたセットを渡します。

  6. オプションで、ジョブイベントに関する アラート を受信するEmailアドレスを指定します。 ジョブイベントのEメールとシステム通知の追加を参照してください。

  7. [ 送信] をクリックします。

ノートブックジョブ の実行

ノートブックジョブを手動で実行するには:

  1. ノートブックで、 ノートブックのスケジュールボタン 右上をクリックします。

  2. [ 今すぐ実行] をクリックします。

  3. ジョブ実行の詳細を表示するには、 新しいタブアイコンをクリックします。

スケジュールされたノートブック ジョブ を管理する

このノートブックに関連付けられているジョブを表示するには、[ スケジュール] ボタンをクリックします。 [ジョブ リスト] ダイアログが表示され、このノートブックに現在定義されているすべてのジョブが表示されます。 ジョブを管理するには、リスト内のジョブの右側をクリックします ジョブの垂直省略記号

ジョブリストメニュー

このメニューから、スケジュールの編集、ジョブの 複製 、ジョブ 実行の詳細の表示、ジョブの停止、ジョブの再開、またはスケジュールされたジョブの削除を行うことができます。

スケジュールされたジョブを複製すると、元のジョブと同じパラメーターで新しいジョブが作成されます。 新しいジョブが Clone of <initial job name>という名前でリストに表示されます。

ジョブの編集方法は、ジョブのスケジュールの複雑さによって異なります。 [スケジュール] ダイアログまたは [ジョブの詳細] パネル が表示され、スケジュール、クラスター、パラメーターなどを編集できます。